ヤクルト工場見学に行きました
静岡県裾野市にヤクルト工場があります。会社の同僚たちの家族といっしょに見学してきました。工場は東名裾野インターから車で五分のとても近いところにあるし(工場から出荷したヤクルトを運ぶのでこの立地条件でもある)見学するのも無料です。ぜひ、夏休みに入った子供と一緒に社会見学で行ってみてはどうでしょうか。

見学するのは簡単です。電話を掛けて、何日何時ごろ何人で見学したいと予約するだけです。丁度行った日は我々と外国からの視察の2組しかなく、とっても空いていました。工場の門で工場見学に来たことを伝えると、駐車場へ案内され、きれいな見学者用の建物に入ると、子供2名+大人5名の小さいグループにもかかわらず、旅館の入り口のたて看板によくあるように『○○県○○市 ○○様』と書かれていてちょっとびっくり。

150名ぐらい入れる講義室にたった7人で入って工場の成り立ちや、ヤクルトの歴史などについて説明をうけ、15分ほどのビデオをみて実際の生産ラインの見学に出かけました。

この工場ではヤクルト80、ビフィールなどの製品を作っていて、缶製品の珈琲タイムも作っています。

敷地はとても広く、206000uもあり後楽園球場が20数個入るそうです。そんな中に建物がいくつか固まって建っており、歩道をあるいてヤクルトとビフィールを作っている建物に案内されました。
工場の中はガラス張りの見学用通路があり、ガラス越しに中の様子がよく見えます。それはもう大きな金属の培養タンクがたくさん並んでいて、37度に保たれたタンクの中では24時間から6日掛けてヤクルト菌やビフィズス菌が培養されます。なかなか小さい会社ではここまで設備投資できないです。タンクのあるセクションにはあまり人がいなく、使い終わったタンクを清掃したりするだけです。1個のタンクで3万リットルぐらいでき、毎日8個ぐらいのタンクが空になるそうです。
出来上がったビフィールの液は隣のセクションにある機械で紙パックに詰められます。このパックの作り方が実にうまくて、一切空気に触れないであの四角い形にパックされます。口では言い表せない方法で、これは通路に設置されているビデオで丁寧に解説が入ります。

見学はおよそ1時間ほどで帰ってきます。帰りにはお土産もいただけるし、無料だし、勉強になるし、ぜひ子供と一緒に行ってみて下さい。

この工場の正式名称は、ヤクルト本社 富士裾野工場で、見学の電話は0559-97-3311です。工場見学は全国26工場でも受け付けています。