現在のブラウザのシェアは?
【1998年11月】

今月はアクセスが少なく、やく9万サンプル集まりました。
11月はNetscapeのCommunicator日本語最新版が公開された影響が少し出ています。ですた、もとも大きいのは残りで3%増えています。内容を確認していませんが、なにが増えているのか興味の湧くところです。

Windows98への移行は8月に入ってから一定の伸びを示し、最近はそれほど加速していません。最終的には今年最後の集計で50%をしたまわると予想されます。

【1998年10月】

今月はルータ故障も少なくチューチューマウスのメジャーバージョンアップもあったので、18万サンプル集まりました。IE4が3%ほどシェアを伸ばしています。この数字はWin98化率の伸びの3.5%とほぼ同じ数字なので、Windows95からWindows98に乗り換えた人が、これまで使っていたNetscape4をインストールせずに、Windows98付属のそのままIE4を使いつづけているのではないかと想像できます。
米国ではやっとIEが50%のシェアを獲得したらしいと報道されていましたが、Netscapeは企業の導入実績が大きいので、コンシューマ市場、特に日本ではIEが相当シェアを伸ばしているのではないかと思われます。

【1998年9月】

ルータ故障で数日サーバがとまっていたため、いつもよりサンプル数は少なく12万サンプル集まりました。Windows98が発売されて、IE4.0の独走態勢に入るかと思われた勢いはピタリととまり、巡回ソフトなどの「残り」が2%シェアを伸ばしました。

【1998年8月】

今月も約15万サンプル集まりました。なんと異変が起きています。Netscape3系が1%、Netscape4系が5%、MSIE3系が2%減って、MSIE4系が8%増えました。これは多分にWindows98の影響だと思われます。事実、全サンプルのうち、Windows98からのアクセスが30%に達しました。(先月は7%)
着々とWindows98に乗り換えてきているようです。

【1998年7月】

今月は約17万サンプルから集計しました。今月は25日にWindows98が発売されたので少し変動が起こっています。

IE4系が2%シェアを伸ばしています。他はどこも変化がないので不明な残り5%からシェアを奪った格好になっています。

今月のWindows98からのアクセスは7%ありました。Windowsからと思われるアクセスのうちWin98からのアクセスを割り出すと7.3%で、すでにこれだけの人がWindows98に乗り換えたと思われます。

【1998年6月】

今月も約14万サンプルから集計しました。IE派とNetscape派にはあまり変化がなかったようですが、残りの部分に該当する巡回ソフトなどが少し増えました。ですが大きな動きはありません。

今月はWindows98からのアクセスもカウントしました。結果は5151サンプルで全体の3.6%あります。まだWindows98は評価版のはずですから、Microsoftは結構大規模にベータテストを行っているのでしょうか? ついでに5月のWin98を調べたら4.1%ありました。すると少し減っているようですが、7月25日からグググッと増えるんでしょうねぇ。

【1998年5月】

Microsoftが独禁法で訴えられているのはご存知のとおりですが、じゃ、ブラウザはどれくらいIEで独占されているのだろうと実データを公開しているニュースがないので、チューチューマウスのホームページにアクセスしにくるブラウザのログを取って分類してみました。ニュースを流しているBIGサイトが、ちゃんとログを分析して参考に教えてくれればいいんですけどね。

途中ゴールデンウィークにサーバがダウンして取れなかったところも2・3日ありますが、サンプリングは5月いっぱいで、5月31日までに14万サンプル集まりました。

結果はご覧のとおりで、去年の年末のIEの勢いからすると、MSIEが80〜90%ぐらい行っちゃうんじゃないかと想像してたのは見事に外れて、約2/3にとどまっていました。もしかしたら親Netscape派(返せば反Microsoft派)がMicrosoftが独禁法で訴えられたのに力添えを受けて巻き返したのかも知れません。

残りに含まれているのはホームページ巡回ソフトやMacやSunOSなどのブラウザのようでした。

これからも毎月集計してシェアの動向を見てみたいと思います、ハイ!