ホタテせんべい、大量GET!
社員の方々

倉庫の様子

ほたてせんべい登場

営業部長

品々

ミーちゃんの大好物のホタテせんべい、いつも横浜ではマインマートというお酒のディスカウントスーパーで買ってたんですが、最近いってみても陳列棚が空っぽで置いてありません。店員さんに聞いてみると本部のほうにも在庫がなくて、いつ入荷するかわからないとのこと。いままで買い置きしておいた分があるので、ゴールデンウィークはなんとか過ごせましたが、とうとうそこをついてきたのでなんとかせねば。『ホタテせんべいが生産中止になったらどうしよう。。。』と冗談半分でいっていたのが現実のものになろうとしてます。

これまで入手したせんべいに張ってあるシールから分析すると、2つのルートから販売されているようで、1つは石川県のホクチンというところ、もう1つは神奈川県川崎市にある谷貝食品工業株式会社というところ。うーん、こうしているうちにもミーちゃんの大好物はドンドン減っていって、数日後にはミーミー泣かれて大変な事態に陥る可能性が(そんな大げさなと思うだろうが、ほんと、これが無いとどうなることやら) 川崎にある会社は横浜から近いみたいで、実際にせんべいを作っているのか(もし作っている工場だったらおこぼれをもらおうと近所から猫がミャーミャー集まってきてたりして)、それとも卸している問屋さんなのか確認してみたいと思ってたのをとうとう決行することにしました。

ほとんどカーナビの研究のために買っただけで滅多に使われることのないソニーのハンディカーナビの電源を入れると、なんとラッキーマークが3つ並んでファンファーレ♪が鳴り、なんかきょうは良いことがありそうな予感。もしかしたら運良く会社を見つけてホタテせんべいをたくさん買えるかも知れない。そんな淡い期待をしながら家を出発しました。目的地付近に到着して電信柱に書いてある住所からしてすぐ近くまできているはずだが。。。と、ゆっくりゆっくり車を走らせながら、谷貝食品工業を探していると、一人の男性が駐車場に立ってたのでカーナビに貼っておいたせんべいのシールを見せながら

私:『あのー、この辺に谷貝(タニガイ)食品工業って会社はありませんか?』
男性:『ん タニガイ? それヤガイって読むの、うちですけど!』
私:『ぎょ!実はホタテせんべいを探しているんですけど扱ってらっしゃいますか?』
男性:『あ〜、ありますよ』

ピンポン!ピンポン!ピンポ〜ン! 車を止めた場所は谷貝食品工業の倉庫前。名刺を頂いたらなんとこの男性は常務取締役だったのです^_^; カーナビのラッキーマークは大当たりです。通常は平日しか営業してないのにゴールデンウィークは休みを取らず、今日は土曜日なのでちょうど倉庫を閉めてみんな帰ろうとしていた数分前に私達が姿を現したらしいのです。

常務は突然姿を現した得体の知れない私達を、ご親切に倉庫に案内して、営業次長を呼んで目的のホタテせんべいを出してきてくれました。いやー、あるわあるわ(問屋さんなんだから当たり前か) ホタテせんべいに限らず、倉庫の中は酒のおつまみになる乾物がダンボールで山積みされています。谷貝食品工業は酒屋さんなどで売られているこの手の商品を扱う問屋さんだったのです。『実は、探しているホタテせんべいは私が食べるのではなく、飼い猫が大好物なんですぅ』と事情を話したら『贅沢な猫だねぇ』といわれてしまいました^_^; ホームページで紹介するのに写真も撮らせてもらうことにしました。

常務のお話では、このホタテせんべいを扱っているのは石川県の会社とこの谷貝食品工業と北海道に一社で合計三社あり、作っているのは広島と北海道で、広島で作っているのは石川県と会社と谷貝食品工業へ、北海道で作ったのは北海道の会社に出荷されているそうです。せんべいはデンプンなどの添加物を一切加えずに作ってあるというのは本当で、干したホタテを水で戻して、それをプレス機で潰して煎餅にしているそうな。だからせんべいのうっすら感じる塩味はもともとホタテに含まれている塩分だそうです。そういう生産方法だから、水の戻し加減によって微妙に味に差が出ることがあるらしいです。ということは昔ミーちゃんが気に入ってくれなかったロットは水で戻しすぎて塩分が少なくなったからかな?人間が食べてもまず気づかない程度の違いをミーちゃんはクンクンして数秒で判定しまった。

あと、はやり倉庫には近所の猫が五・六匹やってくるそうで、その仲間には飼い猫もいるらしい。で、倉庫を開けておくとチャッカリ入りこんで、蓋の開いているダンボールから商品を引っ張り出して袋を破って食っちゃうそうな。とくに魚とイカが好きらしい。そういって破られた魚の袋を見せてくれました。そりゃそうでしょう、私だってこの倉庫を眺めているだけで幸せな気分になれるもん。魚は要らないからとミーちゃん用にもらってきましたが、ミーちゃんはホタテがあれば十分なようです。

さてさて、社員の方々はいい人ばかりで、もう30分以上お相手してもらい、ミーちゃんのホタテも2箱確保でき目的は十分達成したし、おまけにふぐひれのお土産も頂いたし、そろそろお暇することにしました。ホームページに載せたら私もほしいという人が出てくる可能性もあるんですけど売ってもらえるんでしょうか、とお話したところ、問屋さんなので1個2個の小売はしないけど、一ケース単位なら売ってくれるそうです。それで買いに来れない人は電話してくれれば送料加えて代金引換で発送してもいいと言ってくれました。また、このホタテせんべいは私がいつも買うサイズだと一回で食べきれないので、真空パックの小さい袋入りのも作ったらしく、それは生協でも販売するそうです。 谷貝食品工業のみなさん、今日はいろいろとご親切にありがとうございました。

実はですね、大きな声で言えないんですが、ここで買うと卸しだから一個500円で安いんですよ。ダンボール箱一ケースに15個入ってるから7500円になるんですが、ディスカウント店に並んでいるのは一個600円ぐらいで、空港で売っているのは800円〜千円なんです。それに賞味期限の日付が新しいんです。もうこれでホタテせんべいの確保は万全です。

もしホタテせんべいが欲しいなら、お問い合わせは下記まで

谷貝食品工業株式会社

〒210-0831 川崎市川崎区観音1丁目9-3

電話 044(288)7028