風神きたる

ここんとこ、4日連続で関東地方は夏日になり、まだ冷房が入っていない会社は団扇片手に『仕事なんかやってらんねぇ』ってほど暑い毎日を送っています。なんか、例年より暑く感じるよなぁ、なんでぇ、あ、きっとこの原因は、去年ちょっと会社が儲かったんで社員全員の486マシンがいきなりPentiumPro200マシンに切り替わったせいだ。と私は読んでいます。だって、PentiumProって熱いんですよ。PCの背後からはあたたかーい温風が吹き出して、社員全員がドライヤーのスイッチを弱にして机の上に置いているようなもんです。明日からは雨になって涼しくなるそうですが、冷房が入るまでの1ヶ月(?もしかしたら2ヶ月かも知れない)はこんなばかげた状態がつづきます。ふーっ(-_-)

ま、それは置いといて、実は家にあるWWWサーバもこの数日、毎日昼過ぎから夕方にかけて、必ず1回はお亡くなりになって自動起動しているらしいのです。なんせ、私のマシンルームは日当たりのよい西向きの部屋ですから、夏の暑さは半端じゃありません。それでも、普通のPCの電源が入るのは会社から帰って暑さがピークを超えた夕方から夜にかけてですから、これまでそれほど日中の暑さを気にかけていませんでした。

ところがです。いまは24時間運転のPCが1台いるんで、どーもこのPCが暑さに耐え切れずに死んでしまうらしいのです。うーん、落ちても自動再起動にしてあるから勝手に復活はしてるんですが、困ったもんです。ということで、早速PC、とくにCPUを冷やす方法を考えることにしました。インターネット上でCPUのクロックアップにチャレンジしている人のページから得た情報によると、風神なるとてもよく冷えるCPUクーラーがあるらしく、ベンチマークの結果(注:2000年7月現在リンクがなくなりました)まで載っています。うーん、ぜひともこれで冷やしてあげたいものだ。早速売っているところを探して買ってみよう。と探し当てたのが、PCパーツショップ高速電脳です。これまた夜中に注文を出して代引きで次の次の夕方には届きました。

じゃーん、箱を開けてみるとビックリ。ありゃー、これってPentiumProのヒートシンクと間違ってない? こんなにデカイのはソケット7のPentiumには付かないよ。困ったなあ。というのは早とちりで、マザーボードのソケット周りが空いていればちゃんと取り付けられるのです。初めて気づいたんですが、ソケット7って爪が出ていてバネでヒートシンクを固定できるんですね。あれはPentiumProだけかと思ってました。

写真を見比べてみてください。小学生と大学生ぐらい体格が違うでしょう。ここまで大きいのは反則技とも言えなくないです。でも冷えるならたとえ大きくたって。私のマザーボードはソケット周りにコンデンサがいましたが、なんとかギリギリ取り付けることができました。

そしたらなんと、83MHz×3倍速もBIOS画面までは起動するようになりました。効果は出ているようです。でもWindowsNTのブート途中でエラーが出るので使うことはできません。Windows95なら使えそうな感じです。さて、これでしばらく暑さを乗りきれるでしょうか。