83MHz×2.5倍動きました

性能比較のグラフ

Cyrix 6x86MX PR266が83MHz×2.5倍速ではBIOS画面もでず動かなかったけど、確か昔EDO 32MB 50nsってメモリ買ったはずだよなぁ。どこに刺さってるんだっけ。あ、このPentiumPro200とPentium2 266のマシンか、ま、君たちには必要ないアクセス速度だから、この60nsに交換してね。と開発マシンから合計4枚128MB奪い取ってきて、WWWサーバにつけてあげたら無事83Mhz×2.5倍でも動き始めました。また動作不安定じゃないの??? とおもったら結構安定してまして、まだ一度も顔が青くなっていません。これでメモリは万全だから、ちょっと設定いろいろ変えて性能測ってみたのが上のグラフです。今回はファイルサーバにしているPentiumPro200MHz×2台(ツイン)+192MBにも同じIIS環境を入れて参加させました。

左はバスクロックの比で66MHzを1とした場合です。それに倍速を掛け合わせた値の比が中央のCPUクロックです。掛け算するとそれほど差がなくなります。ところが実際に暗証番号問い合わせのデータベース検索をさせると、右側のようなぜんぜん違う結果になります。なんといっても83MHz×2.5倍速はごらんの通り性能2倍でかつ安定して動いています。PentiumPro200×2台も少し期待してたんですがだめでした。今回のCyrixの結果よりPentiumProの方がよかったら(同じ位でも)、サーバを交換しようと心に決めていたんですがねぇ。WWWサーバのような仕事にはツインCPUが似合うのでしょうが、この程度なら交換してもそれほど期待できませんね。PentiumProは確か4CPUまでOKだったはずですが、6x86MXは1CPUしかだめでしたよね。惜しいなぁ。MicrosoftのWWWサーバはPentiumPro 4CPU+512MBのマシンが30台ぐらいつながっているそうです。

75MHz×3倍速は動作不安定で、CPUを載せ変えた冷え冷え状態の結果で常用はできません。あくまでも参考値です。ほかは全部1日電源入れっぱなし後の熱々定常状態で、66MHz×3.5倍速も不安定で測定すらままならなかったことを付け加えておきます。