恐るべし、Cyrix
性能比較グラフ WWWサーバのマザーボードが壊れたドタバタ劇で、代わりに買ってきたGIGABYTEのマザーボードの取り扱い説明書を読んでいると、AMDやCyrixのCPUがサポートされていたんで、ふーん、なんかいろいろあるのねぇ。と思った矢先、Cyrixの6x86MX PR266というCPUが発売されて秋葉原に並んだと、アキバHotline!に書いてあるのをたまたま目にした。あ、このCPU,買ったマザーボードで使えるじゃない、83MHz×2.5倍速だって。もしかしたら少しぐらい速くなるかもねぇ。 これまでIntel以外のCPUは使ったことないし、ちょうどいい機会かも。と、そんなに期待せずにA-Master(99/02/09現在、倒産してありません)の通販で買ってみました。ホームページで見積もりだして、次の日には確認メールがきて、その日のうちに返事したら翌日、宅急便の着払いで届くという、これまたスピーディーな対応にもちょっとビックリ。さっそく、WWWサーバのCPUを交換してみました。

いままで載っていたのはPentiumMMX200ODPで、どうしてODPかといえば、先日壊れたマザーボードはPentium166MHzまでしかサポートしてなかったから。それを今回Cyrix 6x86MX PR200に交換するわけで、83MHz×2.5倍速=207.5MHz、66MHz×3倍速=198MHzと1.04倍だからほとんど変わらないか、ちょっと10%ぐらい速くなるかなぁ。と普通なら思いますよね。 最初は83MHz×2.5倍速にマザーボードを設定していざ電源ONしたんですが、BIOS画面がまったく出ず。どうやらメモリがついてこないらしくって、この設定は諦めました。

次に試したのは75MHz×3倍速=225MHzで198MHzと比べて1.14倍だから15%、だから20%ぐらい速くなったら御の字かなぁ。と電源ON、無事NTが立ちあがって、実際に暗証番号検索を行ってみると、とってもビックリ! これまで平均82秒かかっていた検索がなんと41秒で終わるではありませんか。え? これって性能比2倍ってこと? そうなんです、何回試してみても41秒か42秒程度で終わる。すっげー、Cyrix。WWWサーバだからコンパイル環境とかないけど、コンパイルしたらどれくらい差があるのかなぁ。ぜひともメモリかカードか原因はわからないけど、83MHz×2.5倍速ってのも試してみたいものです。AMDのK6も266MHzが出たそうですが、このマザーボードは233MHzまでしかサポートしてません。これも試してみたいところです。

ところで、このCyrixのCPUは電源が2.7Vのようですが、マザーボードは2.9Vを供給すると書いてあり、あれ? でもちゃんと動いています。BIOS画面では2.91Vを供給していると表示してるけど、動いているから良しとしましょう。

ありゃ? ここまで書き上げていたらサーバが青い顔してダウンし始めました。なんか安定しません。ケースを開けてCPUをはずしてみるとPentiumに比べて結構熱いです。どーも2.9Vというのがだめらしく、このチャレンジもここまでか。。。 どっこい、マザーボードの説明書をよく読んでみると、現在、CPUの電圧はAutoで実際に2.96Vでているらしく(BIOS画面に実際の電圧が出てきて、0.01Vぐらいふらついています)、DIPスイッチで0.1V単位で手動変更できることがわかりました。2.7Vに設定すると2.76V出力されるので、少し低めの2.5Vに設定して、実際には2.56Vで駆動すると、安定してきました。ためしに2.4V設定で2.44VではWindowsNTのブートが途中で止まってしまったので、これでは少し低すぎるようです。このCPUは電圧に敏感なんですね。これから試す人は電圧にご注意ください。2.9Vだと強力に冷やさないとダウンしますよ。

話はまだ続きまして、サーバがとまってしまうのを直すために、少しずつ設定を変えながらランクを落としていくと、やっと66MHz×3倍速で安定しました。ということは、結局最初のPentiumと同じ周波数設定になってしまったわけです。あーあ、2倍の性能になったと喜んでいたのは立ち上げて15分ほどの短い間だけでした。で、66MHz×3倍速だとおよそ1.7倍になることがわかりました。これだけでも十分満足しなければいけない値なんでしょうねぇ。もう朝の4時になろうとしています。今日はこのへんで。