ベットでマウス
ペンの持ち方

スティックの持ち方

ちょうど、13日でOCN開通から1ヶ月が経ちました。月額4万円近くする回線ですから、とにかくたくさん使わないとそんな気分がするのは私だけでしょうか^_^; いくら使ったって課金が増えるわけではないので、なにかほかにいい利用方法はないものか。。。そうだ、いつでもニュースが読めるようにベットにノートを持ち込んで、PointCastとか流しておこう。てなわけで、ベットの脇までLANケーブルをにょろにょろ引っ張りこみ、あまり利用されなくなったノートPCを一式仕込んで、いつでもPointCastでニュースが流れるようにしてみました。

うんうん、これはなかなか便利かもしれない。寝ながらにしてニュースが読めるわけだし、繋いだまま寝込んでしまったって課金が増えるわけでもないし。とまあ、ベットサイドサーフィンが始まったのですが、液晶の明るいのが寝るのに邪魔と、妻には少し不評です(-_-) 

それよりですねぇ、横になってノートPCを操るのも結構大変なわけで、キーボードの中心の緑の棒が突き出たタイプのマウスなんですが、先っちょのゴムが向けて使いにくくなってしまいました。それより、寝ながら操作するのは体が変にねじれて結構たいへんです。うーん、なにかいいものはないかと、このまえお店の中をうろついて探し当てたのが、このペン型マウスです。

そんなペン型の先をどこにスリスリするんだと思うかも知れませんが、ペン型だからこそ、どこに擦り付けても操作できるわけで、横になった太ももとか、お尻とかにこすり当てて、案外快適に操作できます。それに、逆さに持ち替えて、ボールの部分をくりくり回すという方法もあるわけで(じつは、この方法を最初に思いついて探し回ったら、このペン型を発見した) なおさら腕を動かす必要もなくなるわけです。 (じつは、この逆さ操作だとボールの回転がうまくセンサーに伝わらないことが多いので、イライラすることもあります)

この前発売された、ホイール付のMicrosoft製のトラックボールも使いやすいのでは? と思いましたが、あれは図体がでかくて、うとうと眠ってからだの下敷きになると痛そうなので、あえてペン型を選びました。 でもIE4.0ではやっぱりホイールが欲しいところなので、そのうちトラックボールも買ってみるかもしれません。