スタイニーを買ってきた
少し前からアサヒビールがスーパードライのスタイニーボトルという新しい小瓶のパッケージを宣伝してたのだが、今日とうとう発売になりました。新聞広告の一面で『われわれは発泡酒を作らない』と強気の発言してたと思ったら、こっそりこんなおしゃれな瓶を作っていたわけですね。本当はこの形の瓶は珍しいわけではなくて、アメリカではバドワイザーが同じような瓶のビールを売っていたのを旅行先で立ち寄ったスーパーで買ったことがあります。ちょっとスタイニーボトルの方が研究されていて、バドワイザーのは王冠をキュッとひねって開けるんだけど、スタイニーは大塚製薬のファイブミニのように、プルタブを引っ張り起こして開ける点と、瓶全体がビニールの覆われているので清潔そうな点が違います。特にビニールに覆われて口が外に触れないのはいいですね。缶ビールは実は口元が少し汚れていることもありますから。

びっくりするのは、この瓶はリターナブル瓶、つまり工場に戻って洗って再利用されるということです。なんかそんなに丈夫そうでもないんだけど、何回くらい再利用できるのかアサヒビールさんに聞いてみたいところです。環境問題についてあれこれ言われる時代になったのを狙ってか、今までの大瓶のように瓶の保証金が価格に含まれてなくてもお店まで返しにくるひとはどれくらいいるのでしょう。ビール缶はアルミでできていて、一缶のアルミの精錬にやく10円かかると聞いたことがあります。

ビールは1995年ごろから瓶ビールと缶ビールの出荷本数が逆転して、いまでは缶ビールの方が多いそうですが、この新しい瓶で巻き返しができるでしょうか? 

今年はとうとうキリンビールも発泡酒『淡麗』を新発売して、サントリーのスーパーホップス、サッポロのDraftyを追撃しようとしています。後発の淡麗の味はスーパーホップスなんかとぜんぜん違い、明らかにアサヒビールのスーパードライを狙って作った味で、安い発泡酒というイメージを拭い去るようなきれいで高級そうなデザインです。私は3つを1ケースづつ買って飲み比べてみましたが、Draftyはちょっとパス、スーパーホップスはコクがあってまあまあ、淡麗は慣れてくるとスーパードライそっくり、というのが感想でした。

あ、スーパードライスタイニーを買いに行ったら、保冷ケースのなかで隣に、同じアサヒビールの製品で『ダンク』というそっくりな製品もあってびっくり。これって宣伝してたっけ?飲んでみたらちょっと苦味のつよい黒ビールでした。

さいきん、いろんなビールが出てきてますので皆さんもお試しください。あ、花見でもう試してますか。私は今年はまだ花見にいってないもんで^_^;


お酒のスーパーで聞いたところ、瓶1本につき保証金5円のようです。それから瓶ケースは1ケース200円のようです。1ケース20本入りなので、1ケース買うと合計300円が売値に含まれていることになります。

ちなみにこの前1ケース買って、車のトランクに載せようと思ったら、結構かさばるという欠点を発見しました。これまで350ml缶24本入りダンボールよりも本数は少ないのに、1.5倍ほど体積があります。瓶の配列を蜂の巣のように組み合わせたらもう少し体積が小さくなってよかったのではないでしょうか?