世界新記録の順番

とうとう、長野オリンピックが始まりましたね。会社から帰って毎晩テレビで観戦している人も多いんではないでしょうか。よくよく考えてみれば、土日はよしとして、平日の日中に行われる競技はリアルタイムに見ることができないんだからつまんないです、いっそのこと、オリンピック開催中は特別の祭日とかにしてくれればもっと盛り上がると思うんですけどね。

ところで、スピードスケートの5000mで1位から3位まで世界新記録だったじゃないですか。3人が順番に滑るたびに速くなっていって、どんどん新記録が更新されていきましたよね。もし、あの滑る順番が入れ替わっていたら、世界新記録の数は変わっていたんでしょうか? つまりですね、

今回の例は、最初のAさんは10秒で世界新記録をマークして、次に滑るBさんが9秒で世界新記録を更新して、最後のCさんが8秒でまた世界新記録を更新したわけです。このA,B,Cの順番がもしA,C,Bとなってたら、最後に9秒で滑ったBさんは世界新記録にはならないんでしょうか? この場合、Aさんは滑った時点で確かに世界新記録だったわけです。Cさんもそうです。でもBさんは既に世界新記録は8秒になっているので、9秒で滑っても世界新記録ではないと。

だれかこの疑問を解決できる人はいませんか? 大会関係者の方なら知っているかな?


こんな情報をいただきました

これはどういう順番で記録を出しても過去の公式記録よりも早ければ全てが世界新記録となります。この場合の“過去”というのは今回のオリンピックを
除く公式記録を差します。ですから競技中は何人でも世界新記録を出す可能性がある訳です。でも何人も世界新記録を出したからと言っても、金メダルは1
ヶです。(同タイムである等の特別な例を除きます) これは“世界新記録”という言葉そのものにはあまり重要性は無く、記録そのものにあると言えるのではないかと思います。
 ところでこの理由は記録が公認されるまでには時間が掛かるからではないでしょうか。競技終了後のドーピング検査、あるいは不正が無かったかどうか等の問題がクリアされるのに時間が掛かるからだと思います。数日後にメダル剥奪というニュースはオリンピック中とかだと良く聞きますよね。

 ではまた。(^_^)/~

PS.競技の種類により違いがありましたらご了承ください。

 

で、えっと世界記録のことなんですけど、やっぱあれって、出した者勝ちだと思います。

何年か前までは、大会直前までの記録に比べてそれより速ければ全部世界記録だったのですが、世界記録がいくつもあるのはおかしいと言うことで、一番速
い者が世界記録と言うことになったはずです。ちがったかな・・・
だからちょっと前までは、1レースで世界記録3つ、大会記録2つ、国内記録4つなんて事も有りました。

それと、コンピューターの処理速度の向上も有るんではないでしょうか。手押しストップウォッチと紙と鉛筆での記録処理(かなり昔ですね)ではなかなか誰が一番速いかの集計は出来なかったのでしょうが、今はゴールと同時にタイムと順位が表示できますもんね。

 

スポーツの記録は基本的に年単位で更新されます。ですからもし世界記録を出した選手のあとに競技した選手が前の選手より遅いけれど前年度までの世界記録を上回っていれば、これは公式記録として「世界記録更新」となるわけです。もちろん最終的な世界記録は年末(1シーズン)で締めた時点での最高記録となります。なぜリアルタイムな更新をしないかというと単なる事務手続きとといった側面以外にドーピングとか競技場の正当性(距離が短く公認されないマラソン大会など)が競技終了時点では確定しないからだと思います。ですからよく見ると記録更新と言いながらも前の選手の方が速かったりすることもあると思います。ちなみに公認前の世界記録保持者の事を「非公式ながら現時点でのワールドレコードホルダー」と言う言い方をします。以上は私のお家芸<(^^ゞ>である陸上競技の場合です。たぶんスケートなんかも同じだと思います。