咳を直す方法

あけましておめでとうございます。年末からのごたごたがようやく静まってきて、やっとご挨拶できるようになりました。いやー、メールの誤配を静めるのもなかなか大変でした。

実は昨年のクリスマスの少し前から今年流行の風邪をひきまして、なかなか治らずに苦労しています。今年のは咳が出て、一旦、咳が出だすと止まらないんです。確か3年ほど前(そうそう、テレビCMで、歌手の小金沢君が有名になったときです)の冬に流行した風邪も同じようなのでした。私はそのとき、1週間ほど会社を休んで自宅で寝ていたのですが、あんまり咳がひどくて喉が痛いので、たばこを吸うのを忘れてしまい、症状が回復した1週間後にたばこを吸ったら、気持ち悪くなって、自然とたばこを止めることができました。これは超!ラッキーでした。

その咳との格闘の中で、私なりに咳を静める方法をいろいろ研究したので紹介します。

イソジンでうがいをする

私がまだ地方に住んでいたころ、こんなよく効くうがい薬が売られているのを知りませんでした。イソジンを知ったのは社会人になって横浜に出てきてからです。最初は、医者で喉にグリグリ塗られる茶褐色の薬と同じだと思ってたんですが、よくよく考えてみれば味は少し違います。 私はこの薬を少し濃い目に水で薄めてうがいをするのが好きです。 え? イソジンをご存知ない。 じゃ、薬局にいって買ってきましょう。

フィニッシュコーワ

『歌手の小金沢君』というキャッチフレーズで一躍有名になった喉に シュッ!シュ! と液体を噴霧する薬です。基本的にイソジンとかに含まれるヨウソが効くようです。 この薬が売れてから他社からも同じような薬が発売されて、私はほとんど試しましたが、結局はフィニッシュコーワがいちばん使いやすくて効き目もまあまあだという結論に達しました。 今回の風邪でも小さいサイズを1本かって使い切りました。

生姜を食べる

なんじゃそりゃ? と言いたくなりますが、製品名『岩下の新生姜』に代表される、生姜の漬物を食べやすい大きさにスライスして、バリバリ食べると、これたま不思議と咳が治まります。おまけに、辛くてヒーヒーして、鼻づまりの空気の通りもよくなって一石二鳥です。 辛いのは苦手なら薦めませんが、漬物大好きとか、辛いの大好きという方はぜひ試してみてください。夕飯といっしょに食べると体がポカポカ温まってそのまま寝床に直行すると、さらに風邪の治りは早くなりますよ。

龍角散

いまどき龍拡散を口にする若者も少ないと思います。匂いがなんともオジン臭いですが、『ゴホンときたら龍拡散』というだけあって、咳にはよく効く薬です。私は会社の引き出しに1缶入れています。服用時に白い粉末を喉に送り込むのはちょっとコツが必要です。下手すると喉の変なところに薬がついて、なおさらむせて咳がひどくなることがあります(^^;)

咳をしない

咳をするとドンドン喉が荒れて、なおさら咳が出やすくなります。いまの私は咳で喉荒れだけが残ってしまった状況です。ちょっと咳をすると、トリガになって止まらなくなるので、なるべく咳をしないように我慢するのが、結局は一番早く治る方法だったりします。