ヤバイ!熱すぎる

先週末は関東で最高気温が25度にも達して、3月だというのに初夏のような陽気になりました。おまけにすごく風が強く『この陽気で咲いた桜が全部散ったら、今年はお花見できないなぁ』と心配になるくらいビュービュー風が吹いていました。冬の間ずっと付けていたオイルヒータもこの暖かさでは必要なく、とうとうスイッチを切ってしまいました。

ヒータを切ったにも関わらず、マシンルームはどんどん気温が上昇していって、30度ぐらいにはなったでしょうか。ハッ!として、この前組み上げたマシンの背面を触ってびっくり、熱くてとても1秒も触っていられない。すぐに停止させて周りのカバーを外して裸にしてあげました。

前々からもう1個ファンを追加しようと考えてはいたんですが、こんなに早く暖かくなるとは予想してなかったし、また秋葉原に出かけるもの面倒だし、計画は延び延びになっていたのでした。でも、ちょうど運良く週末に秋葉原に出かけるという同僚がいたので、ファンと電源ケーブルを見つけたら買ってきてね、とお願いしたところなので、今日月曜日には早速ファンを取り付けることができました。いやー、付けて3時間も運転すると、後ろから温風が吹き出てきます。早く気づいてよかったです。下手すると燃えだしたかも知れないし。自作でPCを組み立てた人、ちゃんと冷やしてますか?

ファンと言えば、アメリカでは温度上昇警報付きのファンとか、温度警報機なるものがDOS/V互換機の部品として売られています。PC Magazineの広告でも時たま見かけるので、結構メジャーな製品なのではないでしょうか。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る