ミーちゃん、ダニに食われる

なーんだ、猫がダニに食われたってそんなの珍しくもない! と思うでしょうがそれは大変だったのです。

ゴールデンウィーク明けの5月6日、朝5時から散歩に出かけて、帰ってきてもう一度寝て、会社にいく前にシャワーを浴びていたら、『ミーちゃんの目にデキモノが出来ている』と妻が慌てて言いに来た。それは大変とばかり、速効で出てきて、ベッドで元気なさそうにしているミーちゃんの目を開いて覗いてみると……、なんだ?この粒粒は? 上瞼のまつ毛が生えているあたりに、マッチ棒の頭の半分ぐらいの大きさの物体がくっ付いている。ちょっと触ったぐらいではびくともしないで、なんだか変な物体だ。よし、ピンセットでつまんで取ってやろう。

ピンセットがないので、毛抜きでつまんで引っ張るのだが、全然取れる様子が無い。よーく見ると足のようなものがピクピクしているではないか。これは虫に違いない。なんだかマブタは腫れぼったいし、ミーちゃんはどんどん元気なくなっていくし。もしかして蜂かアブか? そしたら大変だ。ミーちゃん先生(ただす動物病院の先生のことを我が家ではこう呼んでいます)は9時にならないと開かないし。でも、ミーちゃんはなんか元気ない感じ。9時まで待っていられないので、電話で事情を話したら、すぐに診てあげるのでいらっしゃいとのこと。出勤なんかどうでもよくて、すぐにゲージに入れて重さで腕がだるーくなるのも我慢して連れて行きました。

そしたら、その虫はマブタから血を吸おうとしてマブタに邪魔されて死にそうになっているダニでした。ダニって血をいっぱいに吸って自分から離れようとしないと、人間がピンセットで引っ張ったぐらいじゃビクともしないんですよ。ピンセットで摘まんで引っ張っても口の部分が皮膚に残ってしまうほど強力に噛み付いているのです。なんとか取れて口の部分が少し残ったけど、『自然と押し出されてなくなるだろう』と先生は言って、頭の周辺の毛をかき分けて探してみると、まるまる太ったダニがもう1匹発見されました。このダニは家にはいなくて外の草むらとかに住んでいるそうです。そう言えば朝、いつものように草の中に顔を突っ込んでクンクン匂いかいでたもんなぁ。これから少し腫れるので注射して目薬をくれました。目薬は2・3時間毎に注してあげるように言われたので、結局会社を休んで目薬をさしてやりました。1日で随分経過がよくなったのですが、大事を取って次の日も休んで目薬をさしてやりました。結局ゴールデンウィーク5連休が7連休に変身してしまった(^^;)

ここ数日急に暑くなったせいで、ダニが急激に増えているのだろうとミーちゃん先生が言っていました。でも、このダニは猫よりも犬の方が被害が多いそうです(普通、猫が草むらに顔を突っ込むことがないから)みなさんも散歩するときはダニや虫に気をつけてあげてくださいね。

P.S. 重かったのでついでに体重を計ってもらったら、なんと更に0.2Kg増えて5.2Kgになっていました。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る