ミーちゃん風呂に入る

実は、ミーちゃんは ここ1年ぐらいお風呂に入っていません。『げ!それじゃ不潔ジャン』とは言わないでください。猫はもともと奇麗好きで、いつも体を嘗め回して奇麗にしているので、風呂にははいらなくていいと、ミーちゃん先生が言ったものだから、去年からずーっとお風呂に入れていません。

猫の毛は油分が少ないせいなのか、水をはじきません。だからお湯をかぶると、毛が体にピシャーとくっ付いて、え? こんなに体つき細かったっけ? とビックリするほど情けない体つきになります。そういう理由からか、猫はだいたい水に濡れることが嫌いみたいです。猫メールでは一緒にお風呂に入ってくれる子もいるらしいのですが。 あ〜 ミーちゃんも風呂好きにならないかな。

どうして急にお風呂に入れようと思い立ったかといえば、いつものようにブラッシングしていたら、しっぽの付け根周辺に硬い毛の固まりが発見されて、最初は、なんだ?コリャ、皮膚の病気か? と良く観察すると、どーも取れきれていない毛が絡み合って固まりになっているらしい。 その固まりをほぐしてバラバラにしようとするのだけれど、すごく細くて絡まっているのでぜんぜんほぐれない。根元の方にはフケも少しある。 これは切るしかない、いうことで3個ぐらいをチョキチョキ散髪してあげたのでした。固まりは取れたけど、フケが気になったので、よっしゃ! 今日は久しぶりにお風呂だ! と妻と二人がかりでお風呂にいれたのです。

ところが、風呂嫌いのミーちゃんだから、大変なんですよ。シャワーでお湯をかけると逃げようとするし、捕まえると私の背中に上ってしまうし。えーい、このまま洗っちゃえ! と私の背中の上で、ミーちゃんはシャンプーされたのでした。私は服の上からお湯とシャンプーをかぶって、しっかり捕まるミーちゃんの爪の痛さにも耐えながら、まるで滝に打たれる荒行のように服ごとずぶぬれ状態でした。

その後は、ミーちゃんの体をタオルで一生懸命拭くのですが、ミーちゃんは自分で舐めまわさないと気が済まないので、3時間ほどずーっと毛繕いをしていました。

あーあ、猫を風呂好きにする良い方法を誰か知りませんか?

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る