マリモを飼う

2年ほど前に北海道を車で旅したときに、阿寒湖でビンに入ったマリモを買いました。主に妻が欲しがったのですが、妻の仕事仲間へのお土産にと、他に2ビン買いました。

昨日、笑っていいとも増刊号を見ていたら、西村知美ちゃんが出ていてマリモに名前をつけて飼っているといっていたのを見て、『ハッハッハ、彼女らしいな』……… と笑ったら、『実は私も』と妻がいいだしました。ギョ!ここにも変わった感性を持った人間が一人………『ママちゃんと、リリちゃんと、モモちゃん、って言うんだ』と変なこと言い出すので、それはいったいどういうネーミングなんだと聞いたら、マ・リ・モの文字を2つ重ねているだけでした。もう2年も経ったので、買った当時はパチンコ玉の大きさが、今ではゴルフボールとマウスの玉とでかいパチンコ玉に成長しています。大きいほうからママ・リリ・モモと呼ぶそうです。

ところが、そんなマリモを飼っているという意識があるのは妻だけでなく、実は仕事仲間にあげたマリモを彼らは大切に飼っていたのでした。ある一人が海外出張するときに、もう一人に世話を頼んで1ヶ月間ばかりでかけましたが、その頼まれたほうは、他の女の子に水を変えるのを頼んで、その子は水を変えながら日当たりのいいところで世話をしていたら、マリモは強い光に弱いらしくって、いつの間にか茶色になってしまって、死んでしまったようです。帰国してがっかりしたんじゃないかな。

マリモって植物ですよね。飼うより育てるというのが正しいんじゃないのかなぁ。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る