ハイウェイテレホンからのメール

---

実はこのゴールデンウィーク前に、日本道路公団の開設しているホームページ http://www.japan-highway.go.jp/ にいって道路の渋滞予想をみてたんですよ。今年は短期集中型なので混雑も集中すると思ったんで用心のために見にいったんです。そしたら苦情などの受付のページがあったんです。そうだ! あのことを言ってみよう、と苦情の文章を書いておくりました。その内容というのは、

私はよく東名高速道路を利用するので、出かける前にハイウェイテレホンという電話で交通情報を知らせてくれるサービスをよく利用しています。これまでは電話をかけると高速道路の上下線の状況に付いて手短にコンピュータが答えてくれていました。5分ごとに内容が更新されるので、渋滞なくなったかな? とか確認するにはすごく便利なのです。ところが、4月のある日、いつものようにハイウェイテレホンに電話したら、システムが変更されていて、『上り線の情報をお聞きになりたい方は01#を、下り線の情報をお聞きになりたい方は02#を……』と丁寧に長々と説明するんです。そりゃ、初めて電話する人にとっては親切に説明するので好印象でよいかも知れませんが、いつも利用している人にとっては『はやく、そんなこと説明してないで上下線の状況を教えてくれよ』と言いたくなるようなじれったさがあります。事実、この説明している秒数があれば、上下線の状況を報告できるくらいに時間が掛かっているんです。

ボタン操作で得られる情報が増えたのならまだ我慢できたかも知れませんが、ボタン操作の後に得られる情報はいつもと変わっていなかったので、一層イライラしてしまいました。ボタン操作が分かっているなら、説明している途中でも次に進んでくれればいいのですが、『どうぞ!』と言われるまで受け付けてもらえません。誰だこんなシステム作ったのは。ったくもう。

というのを思い出したので、さっそくその内容を書いて改善して欲しいと送信しました。そして、ゴールデンウィークに入ってで出先からいつものようにハイウェイテレホンに電話したら説明がすごく早口になっていました(^^;) あんまり早口で可笑しかったので妻を呼んで『ねえねえ、すごい早口の電話サービスだよ、こんなに早口のはちょっとないよ』と聞かせてあげたら一緒に笑っていました。もしかしてあの苦情が聞いたのだろうか?

連休明けて久しぶりに会社にいって、溜まったメールを処理していたら、ハイウェイテレホンの担当しているらしい部署?からメールが入っていました。『……しかしながら、江口様ご指摘のとおり音声ガイダンスが若干長かったことから、今回そのガイダンスを約16秒から約13秒に、無音(待ち)を約8秒から約5秒に変更いたしました。……』ほほーん、やっぱりあの書き込みに影響されて短くしてくれたんだ。でもあんなに早口だと初めての人から『わかりにくい』とまた苦情をもらいそうです(^^;) これから道路関係でなにかあったら皆さんもどんどん書き込んであげましょう。だって高速道路は有料サービスなんですから。(いま書き込み口を探したのですが見当たらないんです、無くなったのでしょうか?)

---

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る