猫の日曜日

---

とうとう、短かったゴールデンウィークも終わってしましました。久しぶりに体でも動かそうと思ってテニスの用意をしたんですが、雨に降られて実現できませんでした。うーん、このままではどんどん体が鈍っていきそうです。それに比べて、我が家の飼い猫のミーちゃんは毎日散歩しているし、走るときは家中走り回っているし、昼寝もするし、ご飯もちゃんともらえるし、2食昼寝付き・おやつ付きと、短いゴールデンウィークで嘆いている人間と比べれば、実にうらやましい毎日を過ごしているではないですか。テレビで『猫はええの〜』といっているお茶のCMもありますが、そのとおり。でもそれは人間の勝手な解釈であって、猫は猫なりに人間にあわせて生活している。というのが今日のお話です。

春夏秋冬、毎日朝と夕方、紐をつけて家のまわりをグルグル散歩するのがミーちゃんの日課ですが、土曜と日曜だけ平日に比べて散歩に起きる時間が違うんです。これは飼い主の勝手な思い込みですが、猫にも平日と休日の区別があるのか、それとも人知れず人間にあわせてくれているとしか思えません。平日は7時にミャーと騒いで私を起こしにきますが、土曜日は6時ごろからミャーと騒ぎます。日曜も同じように少し早起きです。月曜になると、またいつものペースに戻って7時ごろになります。

別に『明日は休みだから、早起きして散歩してあげる』と話してもいないので、1週間の曜日を知っているとしか思えません。もしかしたら、休日はあたりの雰囲気というか空気というかがいつもと違うと感じているのかも知れません。通学・通勤の人の交通量は少なくなるのを基準としているのかも。しかし、週の途中に祭日があったときなどは、『どうして、こんな時間でも家にいるのだ?』という態度を取ります。そして、休みと分かると『散歩だー、散歩につれていけー』と騒ぎ出します。

休日の判定も大した物ですが、もっとすごいのは、宅配便のトラックが家の前に止まったときに、それが我が家に届けに来たのか隣近所に来たのかを、車がとまった時点で当てることができることです。我が家へ宅配に来たときは、ブォーン!と車がとまった瞬間にスクッと立ち上がって、玄関先の様子を見に行きます。そしてピンポーン!とチャイムが鳴ると、2階にダダダダーッと駆け上がって逃げます。お隣りや向かいの家に来たときは、ちっとも動こうとしません。これは凄いです。だからミーちゃんを見ていると家に来たのかどうかすぐに分かるのでとっても便利です。

捨て猫だったミーちゃんは、そろそろ2歳になるはずです。人間の年齢でいうと20歳過ぎたくらいでしょうか? 家に来た友人たちは口を揃えて『大きいねぇ』といいます。毎日見ているのでどれくらい大きくなったのか感覚が麻痺しているようで、先日、デパートに行ったときにたまたま猫展という、昔も見に行ったことがある催し物を見てきました。ケースに入っている猫を見てると、みんなチョット小さいよなぁ。と感じるようになっていました。あ、ミーちゃんがデカイのか。と出てきて気づきました。いま何キロあるのでしょうか、ちょっと心配です。

---

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る