雪道の自転車

なんとなくテレビを見ていたら、郵便局のCMで雪道を配達の赤いバイクで走っているシーンがあった。おいおい、雪道なのにバイクで走っていいんか!とチトおもったが、そういえばバイク用のチェーンってあるんだっけ。実物は見たこと無いけどカタログではある。確か細かい網状のやつで車と同じようにタイヤに被せて使うんだったかな。スタッドレスタイヤとかスパイクタイヤもあるんだろうか?きっとあるんだろうなぁ。昔に比べて最近は雪が少ない気がするけど、降るところは降るからなぁ。

それから思い出したのは中学時代の冬のこと。私は学校から半径2km以内に家があったので自転車通学は認められなかった。けど部活動とかで学校に行くときは別で、自転車に乗っていってもよかった。冬休みなって雪が積もると自転車で学校に行けるかどうかが大変重要な問題になる(歩いていくのは大変だもんね)ニュースで二輪車通行止めが出ていなければ少しぐらい雪が積もっていても自転車に乗っていた。

ある日、膝ぐらいまで雪が積もった日に学校にいった。もちろん誰も自転車で登校する人はいなかった。遠くから通ってくる生徒の中には1時間目の授業に間に合わないのもいる。急なドカ雪で除雪車が間に合わないらしく、自動車だってろくに走っていないのに、新雪の中を自転車が走るはずもないもんな。ところがちょっと1時間目の授業に遅れて山の方に住んでいる生徒が1人登校してきた。なんと、この雪の中を自転車で来たという。確かに結構遠いところに住んでいるので歩いてくれば雪がなくても2・3時間はかかるところだ。この新雪をどうやって走ってきたんだろう。

休み時間に彼の自転車を見に行った。なんと、後輪にはわらの縄が巻いてあった。すげー、即席自転車用チェーンだ。彼は運動神経バツグンで、どんなスポーツでも上手にこなす人で、帰宅までの数キロの道のりをずっと後輪だけのウィリー走行で帰れるほど自転車に乗るのもうまい。

このとき縄のチェーンは初めてみたけど、雪国では珍しくなかったりして。実際どうしているんでしょうね、二輪車は。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る