冬こそウォーターベッド


これまで異常気象だったのか、毎日ポカポカ暖かくてすごしやすかったのに、急に寒くなりましたねぇ。夜中に起きていると指先が冷えてきて、キーボードを打つ速度が段々遅くなっていきます。このコンピュータを置いてある開発部屋は、夏はハードディスクが死んでしまうほど2セットのマシンが放出する熱で暑くなるのに、冬はこのありさまです。そろそろ部屋を暖房しないといけないなぁ、ということで、毎年活躍していただいているオイルヒータに登場していただきました。それでも底冷えのする夜は耐えがたいものがあります。 オイルヒータは火事の心配も少ないし空気も汚れないので、こもりっきりの開発部屋にはピッタリの暖房器具なのですが、部屋が暖まるのが遅いので、帰宅してから電源を入れたのでは間に合わず、結局24時間付け放しで電気代がもったいないという結果になっていました。

我が家の暖房は基本的に都市ガスで、都市ガスは安いし灯油のように定期的に買いにいく手間も要らないので助かります。けど、2階の開発部屋にはガスの元栓はありません。オイルヒータの代わりにガスの暖房機を置きたいけど、まさか1階からガスホースをずるずる引っ張っていくわけにもいかず困ってしまいます。 これは、ガスと同じくらい安い灯油の石油ファンヒータにでも買い代えるしか今年の冬を乗りきる手だてはないな。と、ボーナス間近で賑わう新聞の折り込みチラシを見ていたら、なんと2万円で石油タンクの容量が9リットルもある三菱の石油ファンヒータを見つけました。学生時代は、石油ファンヒータなんて高級品で、学生はみんな石油ストーブとコタツが相場だったのですが、いつの間にこんなに安くなったのでしょう(ま、安売りで2万円だが定価は4万円ぐらいだと思う、それでも…) 早速買って使ってみました。タンクが大きいのと帰宅してからしか使わないので、まだ給油は1回もしていません。無給油で何日耐えてくれるか楽しみです(だから、タンクを直接ガソリンスタンドに持ち込んで入れてもらいました)

今年はお役御免になったオイルヒータは、会社の同僚が寒くて朝起きるのが辛いと軟弱なことを言っていたので、無期限で貸し出すことにしたのですが、ネジ式のONタイマのジージー音がうるさいと、次の日にはデジタル式タイマを買いに出かけたらしいです(体格が立派なのに、言うことが細かい奴だ) ふと気が付いたのですが、結婚して以来、真冬にブルブル震えながら蒲団に入ったり、寒くて朝蒲団から出られないという経験をしていません。そう、これはウォーターベッドのお陰です。ウォーターベットはいうなれば巨大な湯タンポなわけで、寝るとき蒲団に潜った瞬間から蒲団はふんわりポカポカ、寒くて足をスリスリ擦りあわせることもありません。次回ベットを買う予定があるならウォーターベットを検討項目に入れることをお薦めします。 ウォーターベットはスプリングベットで言うところのマットに相当する部分をバッグと呼び大きなビニールでできた袋です。これに水を詰めて下から電気ヒータで27℃から30℃になるように24時間365日暖めつづけるわけです。以前にもここで紹介しましたが、夏と言えども電気ヒータを切ってはいけません。ああ、ひんやり気持ちいい…次の日には風邪をひいています。

構造はバッグの形式によって大まかに3種類に分かれます。 大きな1つのバッグだけのワンバッグ式、ダブルベッドで隣に寝ている人が寝返りを打っても揺れが伝わりにくいと言われるツーバッグ式数本のチューブに分かれているので移動が比較的楽と言われるチューブ式 個人的にはツーバッグもワンバッグも揺れはそれほど違わないと思います。ウォーターベッドはもともと身体への圧迫が少ないので、寝返りをあまり打ちませんから。 チューブ式は1本1本が1人で抱えられる程度の重さで、総重量も200Kg〜程度なので、部屋の模様替えでベットを動かすとき1本1本取り出してから移動すれば軽いので便利ですが、水量の多さはそのまま寝心地の良さにつながりますので、できる限り水量の多い、ツーバッグかワンバックをお薦めします。 ウォーターベットは腰にいいとは言われていますが、なんせ支えているのが水なので、起き上がるときちょっとコツがいります。そのままヨイショ!とは起きずに、横にゴロゴロ転がってベットの端からコロンと落ちるように起きるのが一番楽です。だから、お年寄りは朝起き上がれなくて苦労するかも知れません。少し背丈の高いベットの方が寝に入るときも起きるときも簡単でよいと思います。


『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る