ナチュラルキーボードを分解する

私はMicrosoftのナチュラルキーボードを愛用しているのですが、一番最初に買った1台のキーの動きが悪くなったので、もう寿命かな?と思い使っていませんでした。でも、もしかしたら掃除すると復活するかと思って思い切って分解してみました。これはその時の模様です。

まず、裏返してネジを外し裏ブタを開け、中央にネジ止めされている小さいプリント基板を外すととこんな3枚のアルミ版で覆われた姿が現れます。このアルミ版が無数の小さいネジで止められているので、一瞬諦めかけましたが、壊れてもともとなので、勇気をだして外してみました。
アルミ版が外れると材料がシリコンだと思しきゴムが現れます。なんと、このキーボードはバネを使っていません。このゴムの弾力がキーを押し返すバネの働きをしています。昔からキーボードってこんなんでしたっけ? いまでもバネを使っていると信じて分解するのが恐かったんですけど。
このゴムを手で摘まんで引き上げると、こんな感じです。プルプル!って感じで丸い出っ張を押し込むと、なかなかいい感じでへこみます。すげー、これがバネの正体だったとは。このゴムを取り去ると、下には配線パターンが印刷された大きなフィルムが3枚重なってあります。このフィルムさえとってしまえばもう金属部分がないので、水洗いも可能な状態になります。今回は水洗いは止めといて、キートップを1つずつ外して濡れティッシュで拭きあげる作戦にしました。
これがキートップを全部外したところです。もう穴だらけのキーボードになってしまいました。外すときはくれぐれも元あった場所が分からなくならないように、写真を撮っておくか、同じ形式のキーボードを用意しておきましょう。
取ってしまうと、キートップのてんこ盛り状態で、見方によってはアルファベットチョコレートみたいで美味しそうでもあります。

1個1個拭きあげると気が遠くなりそうなので、妻に途中から手伝ってもらいました。

掃除し終わったら逆の手順で組み上げますが、『キーの位置くらい簡単さ』と思ったらさあ大変! 以外と知らないものです。 結局2人でジグソーパズルを解くように、差し込んでいきました。とくにCtrlやAltは2つずつあって、微妙に大きさが違うので注意が必要です。

基準の位置を間違えると、みんなズレて差し込んでしまい、2回ほどやり直した部分もありました。

こんなに苦労して肝心のキータッチは復活したか………と思いきや、ぜんぜんよくなりませんでした。キーが引っ掛かり気味でストロークする感触は直りません。やっぱり寿命なのかも知れません。ちょうど、青い突撃が無かったので試さなかったのですが、あれで拭いてあげればもっと完璧に汚れが落ちて、復活したかも知れませんね。次は穴の周りにグリスを薄く塗りつける方法を試してみたいと思います。

その後、中務さんから次のようなアドバイスを頂きましたので紹介します。

もしキートップが水洗い可能ならば,洗濯機で洗ってしまいましょう. 洗濯物ネット(?)にキートップをほうり込んで,水を張り,洗剤(うち はトップです(笑))を適量入れて,適当な時間グォングォンと洗ってやります.すると見違えるほど奇麗になりますよ.だまされたと思って試して見てください.(^^; (知ってたらスンマセン)

うちの黄ばんだPC-98x1キーボードも,この方法で新品同様になりました.

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る