話題のベガを使ってみました

いま駐車場で水を使わずに車を洗っているテレビCMがありますよね?べガっていう製品です。スプレ一して布でふきあげるだけで洗車ができるという、とっても変ったものです。私はこの手の商品が出ると必す試してみたくなる質でして、立ち寄ったスーパーに置いてあるのを見つけて、早速試してみることにしました。

今はお試し期間であるせいか、べガタオルと呼ばれる変ったタオルとセットで680円ぐらいで売っています。このベガタオル、まるで本のような形をしてて、拭いてきたなくなった面をペラペラ捲って、次々と新しい面が出てくる優れ物です。ベガ本体には特許の文字は見あたりませんが、べガタオルにはしっかり特許出願中と書かれています。数枚重ねたタオルのまん中をミシンでジャーっと縫った実に簡単なものなんですけどね一。すごいアイデアです。 これなら自分で作ってワックスがけや洗車に使えそうです。

水で洗い流さないのに擦っていいのか不安になりますが、さすがに砂粒とか泥がついた状態では使っていけないと注意書きがあります。そりゃそうですよね。そういう場合は水で流してから使うそうです。でもそれじゃこの製品の意味はないと思うんですけど。じゃ、どんなときに使えるのかというと、水垢で黒くなったときとか、鳥の糞攻撃にあったときとかに使えるようです。

手順は割と簡単で、まず、べガをシャカシャカよく振ってから万遍なくスプレーします。そして、液が乾かないうちにべガタオルで撫でるように拭きます。この時、決してスプレー量をけちってはいけません。少ないときっとキヅが付きます。それからゴシゴシ擦ってはいけません。汚れがタオルにうまく付くように優しく拭いてあげます。完全に拭きあげるのではなくて、まずは大まかな汚れをタオルで拭く取るつもりでいいのです。この段階が要するに洗車と同じ効果に当たるので、どんどんタオルに汚れを吸い取るためにべガタオルが効果を発揮します。

車全体をこうして拭いているうちに、最初にやった部分が乾いて白く汚れた感じになります。そしたら、別に用意した乾いた普通のタオルで、今度はゴシゴシワックスを取る要領で拭きあげます。するとワックスがけをした後のような状態になります。この段階はちょうどワックスがけと同じ効果になります。

洗車とワックスがけをしたような効果が得られて、なおかつ時間が洗車だけの半分(今回は30分ぐらい)で済みますから、ちょっと人を迎えにいくのに車が汚くて恥ずかしいとか、寒くて洗車を手早く済ませたいときには便利な商品です。

さて、1回試したところでいくつか気が付いたことがありますのでまとめましょう。

プラスチックには液を付けない

プラスチック、特につや消しした部分につくと白くなってなかなか取れません。黒いバンパーのつや消し部分などには付けないように十分注意しましょう。窓ガラスも同様です。ワックスが付いたようになりますので、ギラギラの原因になりますから付けないように注意したほうが無難です。

べガタオルは使用後よく洗う

べガタオルで汚れを吸っているような物ですから、タオルは洗剤で十分洗う必要があります。私は洗面所であらったら、白い洗面ボールが鉄粉で真っ黒になってしまい、洗面台ボールを洗うのに一苦労しました。バケツの中で洗ったほうがいいでしょう。

頑固な汚れは無理に取らない

シャボンと水で洗っているわけではないので、タールやピッチはべガでは殆ど落ちません。無理に意地になって擦らないようにしましょう。無理に擦ると傷が付きます。

たまには水で洗車する

簡単な洗車の代わりにはなりますが、洗車を越えるものではないと思います。簡単に済ませたいときにべガを利用し、たまには水で洗ってあげて細部の溜まった汚れを落としたほうがいいと思います。べガの液は細部に入ると乾いて拭き取り残したワックスのようになりますので、拭き取り難い場所には使わずに、大きな面だけに限ったほうがあとあと楽です。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る