筋子をイクラにする方法


買ってきた筋子数年前に北海道に旅行にいった時、函館の市場でイクラ丼を食べました。とってもおいしかったので、ぜひとも横浜に帰っても食べたいとおもい、イクラの醤油漬けを買おうとしたらとっても高い! それじゃ自分で作っちゃえということで、筋子をほぐしてイクラにして醤油に漬け込む術を学習しました。いまでも、おいしそうな筋子が安く売っていたら、時々買ってきて作っています。今日はこの作り方を紹介しましょう。割合簡単ですから、すぐにできると思います。

まずは筋子を買ってきましょう。だいたい1パック500円から600円で手に入れば安い方です。この大きさで夫婦で2回はイクラ丼を食べられます。

ぬるま湯にいれるひたすらほぐす

まずは、ボールにぬるま湯をはって、筋子を中でよくもみほぐします。冷たい水だとなかなか筋子の筋が剥がれません。また、お湯だと熱くて筋子が真っ白になってしまい、駄目になってしまいます。ちょうど人肌ぐらいのぬるま湯36℃ぐらいが適当だと思います。ぬるま湯に浸かると、筋の部分が白くなって卵がボロボロと剥がれてきますので根気よくほぐしましょう。時々お湯を替えると、ほぐし足りない部分を見つけやすくて作業が捗ります。

大体ほぐれたら、ザルに移して更にごみのように残った筋を取ります。卵はぬるま湯の温度のせいで、多少白っぽくなりますが心配しないでください。ゆで卵になったりはしません。ザルのまま、またボールに付けて、ぬるま湯か水を流しながら、細かい筋をとり、ゴミのように浮遊する筋や皮をボールの上澄みと一緒に流してとると早くきれいになります。

さて、大体ゴミも取れたところで、塩をザザッと振り、イクラをグジャグジャと混ぜます。すると、あら不思議! さっきまでくもりガラスのような濁った色だった卵が、サーッと色が冴えてきて、とてもおいしそうなイクラ色に変身します。この瞬間は見物です。さっきまでは『これで本当にうまいイクラになるのかよ? ちょっと白っぽいぞ!』の不安は吹き飛んでいくことでしょう。

さて、塩は流しきる必要はありません。このまま水を切るために1時間ほどザルのまま放置します。1時間経ったら、ビンに移し替えて、醤油とお酒少々を加えてグルグル回してなじませ、また半日ほど冷蔵庫に入れておきます。好みで少しダシを加えてもいいでしょう。

これで、できあがり。炊き立てのアツアツご飯にたっぷりかけて、あー、おいしい! お試しください。


中西さんから効率よくイクラに変換する方法が届いたので紹介します。


『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る