マリモを元気にする方法

汗をかいてるマリモうちの妻は家でマリモを飼っています。マリモって飼うって言うのか、草花のように育てると言うのか、どちらが正しいか……… やぱり、藻の一種なんだから育てるが正しいんでしょうね。いや、そんなことはどうでもよくて。

今年の夏は暑い時はむちゃくちゃ暑くて、お盆のころは急に涼しくなったりして変な天候ですよね。北海道がずいぶん寒いともニュースで聞きましたが。 で、あのとてつもなく暑いころに、マリモが元気がなくなって、水面に浮いてきたそうなんです。

『なんだか、最近マリモが元気ないのよぉ』と妻がボソボソ言っているのをよそ目に冷蔵庫を開けたら、、、んあぁ? なにこれ? マリモを育てているビンが冷蔵庫で冷やされていました。 妻曰く『暑くて元気がなくなったから、冷蔵庫で1時間ほど冷やすと元気になるかと思って』

ところが、冷やしたら確かにマリモが水面からまた沈んでいったそうな。この荒行にも似た方法は本当にマリモにとって、よい方法なんでしょうか? 誰か知っていたら教えてください。

そう言えば、マリモがいる阿寒湖は北海道で涼しいそうですわね。

という話をしたら「こんぺいとう」さんから次のようなメールをいただきました。

私の経験では、マリモは陽に当たると浮き、日が沈むと沈みます。 これは、植物が光合成をすると、発生した酸素が気泡となってマリモの中や周囲に付着し、そのため浮かんでくるのです。 だから、冷蔵庫に入れると光が当たらなくなるので、沈むわけです。 魚とは逆に、浮かんでいるのは元気に光合成している証拠なのです。

私は阿寒湖に行ったことがありますが、湖の中に浮かぶ忠類島という所にマリモの養殖場(というか、特別天然記念物なので保護している) があり、直径30cmもある巨大なマリモが元気に浮き沈みしてました。

ただ、水温があまりにも高くなると、涼しいところが好きなマリモにとっては、つらいかも知れませんね。真夏は直射日光を避けた方が いいかと思います。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る