2台のPCを1組のキーボードで

近頃だんだんと、WindowsNTで開発する機会が増えてきました。 それはVC++5.0でコンパイルするときに、とてもたくさんのメモリを必要とするので、Windows95上でコンパイルするのに時間がかかるようになったからです。 しかし、開発以外の環境はWindows95の方が便利なことが多いので、こちらの環境もすぐに使えるようにしたい。要するにWindows95とWindowsNTが両方同時に使えるのが理想なわけです。するとマシンも当然2台必要になる。でも机の上は狭いのでキーボードを2組置くわけにはいきません。どうしたらいいのだろう………と考えていたら、 ナナオ(あの有名なディスプレイを作っている)がi Switchという製品を出しているのを思い出しました。

これは2台のPCを1組のキーボードとマウスで操作するための切り替え器で、ディスプレイも1台しか要らない、私の期待に応えてくれそうな製品です。通販で買えないかいろいろ探したんですが、一向に見つからないので、とうとうソフマップに取り寄せで注文してしまいました。それが今日届いたので早速組み立ててみたわけです。

説明書をよーく読んでみたんですが、私は一読でどういう構成で接続するのか理解できませんでした(^^;) 私の考えていたのは実はこういう配線だったのです。

青い矢印がキーボードとマウスの信号で、赤い線がビデオ信号です。真ん中の箱がiSwitchだと思ってください。

例えば左側のPCを使うときには、キーボードとマウスの信号は真ん中のiSwitchを経由して左側のPCに入力され、左側PCから出ているビデオ信号がiSwitchに選択されて上のディスプレイに入力される。右側のPCに切り替えると、今度はキーボードとマウスの信号はiSwitchで右側のPCに振り分けられ、同時に、右側PCのビデオが選択されてディスプレイに流れるという仕組みです。

定価で3万円近くする商品ですから、それに映像のナナオですから、ビデオ信号の扱いはプロで、2台のPCからのビデオ信号も減衰することなく切り替えてディスプレイに送ってくれるんだろうなぁ、と私は信じていたんでした。

ところが実際は、ビデオ信号はiSwitchを一切経由しなくて、左図のように直接ディスプレイに入力されます。つまりディスプレイは2系統の入力を持っていないと使えません。 一応、私の普段使っているディスプレイはFlexScan T660iJというやはりナナオの昔の製品で、D-SubとBNCの2系統があります。よかった、危うく使えない商品を買ってしまうところでした。

ところが、もう一つ私が期待していることがあって、それはPCの切り替えがボタン1発でできると助かるのですが、これはiSwitchから出ているメンテナンスポートというナナオ独自の信号線をディスプレイに入力する必要があります。そうすれば、ディスプレイのD-SUB/BNCの切り替えスイッチが、キーボードのF12キーに連動してヰリり替わってくれると説明されています。残念ながら、私のディスプレイは昔のなので、メンテナンスポートは付いていません。ということは、キーボードで入力先のPCを切り替えて、さらにディスプレイのD-SUB/BNCスイッチを押すという2回の操作が必要になります。

これはちょっと期待ハズレの操作でした。

それというのもディスプレイの入力切り替えスイッチは平面的で小さく押しにくいのです。場所も視線からは隠れていて一見して見つかりません。というわけで、先が丸くなった消しゴムをカッターで切り取って、ボタンの上に両面テープで張りつけてみました。消しゴムだから、プニョプニョしていてボタンにフィットして確実に押せるし、出っ張っているので、手探りでボタンの位置が分かるようになります。

それにキーボードからPCを切り替えるときにF12キーを押すのですが、消しゴムのすぐ前にあるので、ついで押して少し苦労しなくて済むことに気づきました。

とにかく、これで行けるかどうか暫く使ってみることにします。キーボードとマウスのセットが2つあった時は、気づかないで変な場面でキーを押して、ん?なんで動かないんだ、と勘違いすることも多かったのですが、少しは間違いが減ることを期待しています。

あ、肝心のiSwitchの姿を見せるのを忘れました。こんな機械です。

2台のPCを1組のキーボードで(続編)へ進む

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る