本当にWriteBackキャッシュがDisableだった

ハードディスクのCheetahのライトバックキャッシュがOFFになっているのではないかという噂ですが本当でした。

まず、OFFかONか確かめる方法ですが、EZ-SCSIを使えば確認と変更ができるという話を聞いていましたが、使っているSCSIカードがTekram DC-390Fなんで、Tekram上でEZ-SCSIが動くのだろうかという不安があったので、他の方法を模索しました。

そしたらですね、NiftyServeのFDEVICEというフォーラムのライブラリにWCE.EXEというDOSのASPI経由でライトバックキャッシュを制御できるプログラムを見つけました。これをWindows95のDOS窓で走らせると、DC-390FでもASPIドライバ経由で動作することが判明したのです。なんと、EZ-SCSIもAdaptecのSCSIカードも買うことなくキャッシュの制御ができるようになりました。

で、肝心のキャッシュなのですが、Cheetahは本当にOFFになっています。Atlas2はONになっていました。で、さっそくONに変更してベンチマークを計測し直したのが下のグラフです。ちなみに一旦ONにすると、次回 HDDの電源を入れ直してもON状態を覚えていました。Flashに書いているんでしょうか?

結論としては、Readは変わりませんが(当たり前か、でも悪影響与える心配はありますから)WriteはAtlas2に負けることはなくなりました。特にシーケンシャルライトの4KB単位では、50%ほど向上します。これでやっとCheetahの本領発揮というところでしょうか。 これでやっと安心して眠れそうです(だって、高いディスクなのにのろまだったら悔しいですから ^^;)

Atlas2もデフォルトでONでしたが、OlympusMOもONでした。なんでCheetahだけOFFなんでしょうねぇ。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る