汗ばんだマウスには…

いやー、まだ関東では梅雨明け宣言が出てませんが、また暑さが戻ってきました。皆さんのところはどうですか? 暑かったり大雨だったり台風がきたり、今年は早くから変ですよね。

で、ちょっとその右手(左手)のマウスを握ってみてください。なんだか汗でネチョついていませんか? 私のPCも例外ではなく、キーボードもベタベタするし、マウスもネッチョリするし、動きも悪くなってきていやですよねぇ。

そこでお勧めしたいのが(なんだかテレビショッピングみたいだな)この突撃というクリーナーです。パソコン店のクリーナーのコーナーに立ち寄ると、いつもこの青い突撃と赤い突撃という名前が気になっていたんですが、汗ばんだマウスとキーボードのことを思い出し、今日は思い切って買ってみました。

青いラベルは一般用で、赤いラベルはCRT画面用みたいで、ちゃんと使い分けなきゃいけないそうです。今日は青いのを買って試してみることにしました。テッシュにシュッシュと含ませて汚れたキートップを擦ると………

あら、まあ、すごい調子で汚れが落ちていくではありませんか。私はここのメーカの回し者ではありませんが、こんなによく落ちるのだったら、もっと早くから使えばよかったとちょっと後悔しています。

みなさんもどうです? この暑くて仕事のやる気が出ないシーズンに、キーボードとマウスの掃除をしてみてはどうですか?

突撃を愛好者している方からこんな情報を頂きました。

私は学生時代にパソコンショップでアルバイトしていて、その時に店頭で見かけ、その威力のすさまじさに惚れ込んで以来5年以上も「突撃」を愛用している一人です( なにせ、「赤い突撃」が出る前からの愛用者です)。 その劇的な洗浄能力は、他社のOAクリーナーをいっさい寄せ付けないほどの威力なのですが、注意したほうがいいことが一点ございます。

それは、有機溶剤が含まれているためか、パソコン本体などに張り付けてある型番などを表わすラベルの表面を削りとって消してしまう事がある点です。 そんなラベルは気にしないという人も多いかとは思いますが、私はその辺は大事にしたいので、自分のパソコンのラベルの色があせた様になってしまったのは結構ショッ クでした。それ以来ラベルの部分は突撃では拭かないように注意しております。 とは言いましても、私の突撃は5年前に買ったものをまだ使い切らないで使っていま すので、今売られている製品には含まれていないかもしれませんので、そうであれば大丈夫だと思います。

そのラベルの文字なんですが、ちょうどこの情報を頂く数日前にやってしまいました。 あんまり奇麗になるもんで、プログラムをコンパイルしている間の時間に、キーボードやディスプレイの枠など目に付くところはせっせとふいているのですが、キーボードにはられたシールの部分を、サットふいたら文字のインクが溶けて字が見えなくなりました。ショックー。

あの液剤の匂いをよーく嗅いでみると、トルエンのような匂いがするのですが、完全に水性ではないような気がしています。トルエンは(私吸ってたわけでないです)実家が工場をやっていたとき、機械油の汚れをとるすごい液体があって、それがトルエンだったような記憶があるからです。でもトルエンって水に混ざるのかな?とにかく、すごく強力でなんでも奇麗になるので、調子に乗ってシールの印刷とか拭かないように注意しましょう。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る