デジカメDS-300来る

とうとう、デジタルカメラのいいのを買ってしまいました。富士フィルムのDS−300です。ボディはデカイですが、なんたって130万ピクセルで1280×1000ピクセルが写るんですから、それはもうすごいです。簡単に感想を言えば、写りはすごい!でもホームページを作るのにこんなに写る必要があるんだろうか? って感じです。でも、大きな欠点があって、ファインダーから見える範囲と実際に写る範囲が結構ずれるんです。特に近距離でズームを使うと『いったいどこめがけて撮ってるんだ?』ぐらいにずれます。これを補正するにはすごい鍛練が必要で、ぜひとも直して欲しい部分です。一眼レフならいいのにね。

これまではオリンパスのC-400Lで撮ってきましたが、撮影後にファイルをPCに転送するのに、いちいちノートPCにケーブルを繋いで専用転送ソフトで転送するのが面倒だったのですが、今度はATA Flashメモリカードなので、ノートPCのPCMCIAに差し込むだけで、JPEGファイルになって直接開くことができます。でも、うちのノートPCにはPCMCIAのスロットが1つしかついてないので、さらに離れたマシンからLANでつないで開くわけにはいきません。

実は、DS-300にはエクステンションというSCSI接続できるようにするオプションがあるのですが、これにケーブルを繋いでいてはあまりC-400Lと便利さは変わりません。RS-232CでなくてSCSIだから格段に速いのは確かですが、ケーブル繋ぐのはね。

そこで見つけたのが、デスクトップPCにPCMCIAスロットをつける製品です。RATOCという会社から発売されていて、専用ISAカードがついていて、これとスロット部分を繋げて内蔵するだけで、デスクトップマシンでもPCMCIAが使えるようになります。Windows95ならプラグ&プレイで、マシンを再起動することなく、Flashメモリカードを挿すだけで、ドライブが1つポヨン!と増えますから、そこを開くとJPEGファイルがごろごろ並んでいます。うーん、これは便利です。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る