全身InternetExplorer4.0

先日開発者用に公開されたInternetExplorer4.0(以下IE4.0)をテストしていて面白い使い方がわかったのでいくつか紹介してみましょう。もう、ほんと、全身IE4.0って感じですよ。

サイドブラウザ

これは私の造語です。よく雑誌ではアクティブデスクトップの例として、デスクトップにいくつかのホームページが張り付いている写真を紹介していますが、はっきり言って、デスクトップに張り付いたホームページは仕事の邪魔だし、記事を読もうと思い立ったら、画面上に開いているウィンドウを、どけたりアイコンにしたりしなければならないためあまり役に立ちません。タスクバーの端には、画面上のウィンドウを一時的に全部アイコンにするボタンが付いていますが(これがチューチューマウスのガバットデスクトップによく似てるんだよねぇ)、印刷待ちのほんの数十秒とかの空いた時間に、新しい情報がないかみるには面倒なそうです。

それでいろいろいじくっているうちにこんなブラウザ環境ができました。640x480解像度で撮影したので見にくいですが雰囲気は分かって貰えるでしょう。右側にタスクバーのように出入りするバーがあって、中にはいつも見ているホームページが仕切られて並んでいます。このバーは自動的に隠れる設定にできるので、普段は画面右端に畳まれています。マウスを右端に当てると、ビョーンとこのバーが出てきて、いつものホームページをすぐに読め、仕切りをクリックするだけで別のホームページにすぐ移れます。どうです、便利そうな使い方でしょ? サイドブラウザと私は命名しました。

サイドトップ

アクティブデスクトップONだとデスクトップのアイコンを隠すことができます。するとどうやってデスクトップ上のアイコンにアクセスするのか? と思ったらタスクバー右クリックからツールバーを選ぶと、デスクトップのアイコンをバーにして出す機能がありました。これを画面左端にくっつけて、自動で隠れる設定にすれば、もうデスクトップのアイコンなんて見えなくても良いわけです。デスクトップよりサイドトップという名前が似合いそうです。これと同じ物を作ろうと思ってたら出てきてしまいました。残念。

そして、これはサイドブラウザの原形ですが、バーにはホームページも格納することができます。だから下の絵の様なことも可能です。

ザッと試したところ、なんでもアリって感じですね。いつもLANが繋がっている企業内のイントラネットで利用したら、すごく便利なシステムが組めそうです。でも、IE4.0で外の危なそうなホームページには恐くていけません。そういう時はやっぱりNetscapeNavigaterが頼りです(^^;)

それにしても統合シェル環境(つまりアクティブデスクトップ)は重い。この記事の絵はPentiumOverDrive83MHz 54MBメモリのデスクトップPCで作りましたが、これでは荷が重過ぎてイライラします。普通に使うなら最低でも133MHzの64MBは必要でしょう。この記事を書いたあと、統合シェル環境を外してしまいました。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る