マシン組み立てとUPS

購入した裸のケースこの前PentiumProが2つ刺さるマザーボードに交換してみた話をしましたが、その時はCPUが1個しかなかったので、ケースを買って1台新規に組み立てることにしました。段々円安の影響が出てきて、輸入物のメモリやディスクなどはちょっと値上がり傾向だし、4月からは消費税5%になるのでよいタイミングではないかと思います。

即製品のPCのマザーボードだけ変えたことはこれまで何回か経験しましたが、新しいケースを買って組み立てるのは今回が初めてです。通販でケースを買う場合、仕様を見ただけではなかなか想像ができなくて、えいや!と買ってみる他ないと思うのですが、なかなか良いケースを選んだと思いました。即製品PCのケースはカバーを外すと再び取り付けるときに、なんだかしっくりはまらなくって、適当に閉めてしまいます(私だけかもしれないけど)お金だして買ったケースはさすがにぴったりカバーが閉まります。これには感動しました。(当たり前だったりしてね)マザーボードの台もレール式で取り外せるので最初の組上げが楽でした。

組みあがって32MB EDO4枚取り付けて、いざ電源ON ん? メモリテストでエラーだとBIOSが言ってきます。2枚ずつのペアにして確認してみると、ある1枚に他のを組み合わせると必ずエラーすることから、この1枚が壊れているようです。サポートに電話して交換してもらうことにしました。この前メモリを買ったときはすごく薄いチップ数も少ない良いメモリでしたが、今回のは16個ぐらいついている普通のに戻ってしまいました。メモリ価格高騰と関係があるのでしょうか。

前から見たUPS横から見たUPS新しいマシンには新しいUPSを買ってあげよう、なにがいいかな。なんて悩む必要はありません。まだUPSはそれほど一般的でないので機種も限られています。今回はOMRONが出している安い500VA300W)のを選んでみました。隣の同じ容量の富士電機製と比べるとずいぶん小さくて軽いのが特徴です。おまけにAC電源が切れると自動でOSをシャットダウンしてくれるソフトとシリアルケーブルも付いてくるなかなかお買い得なものです(ソフトはWindowsNTにもともとついていますが)WindowsNTサーバをインストールしてソフトをセットアップしてみたら、コンセントを抜くとメッセージがでて自動でシャットダウンしました。うーん、初めてUPSに連動して動くのを見た。UPSは鉛畜電池を使っているので2・3年で寿命がきます。そういえば最初に買ったUPSはそろそろ寿命かも。次もこれに買い替えようかなぁ。

ところでデュアルCPUでどれくらい速くなったかは良く分かりません。速くなるというより負荷をかけても遅くならなくなったというべきでしょう。実は2個のCPU180MHz版なのですが、マザーボードの設定は200MHzで動かしています。そんなことして大丈夫?なんて心配はありません。PentiumProは動作周波数に結構幅があります。200MHz233MHzで動かしてもなんともありませんし、180MHz200MHzで動かしてもなんともありません(ちゃんとヒートシンクとファンで冷やせばの話ですが)それなら200MHz2個買うより180MHzを2個買えば4万円ほど節約できます。インテルはどういう生産ラインで180MHz200MHzを作り分けているのか知りませんが、私の想像するに作ったCPUをテスターにかけて、性能のよさそうなものを200MHzと刻印して、残りは180MHzと刻印しているだけではないかと思います。大学時代にあるメーカのトランジスタ工場にバイトで2ヶ月ほど通ったことがあります。配属されたのは品質管理部門でした。トランジスタにも性能によって値段分けされているのですが、なんと生産ラインは1本でした。どうやって値段の違う数種類のトランジスタを作っているかといえば、最後の選別の工程でテスターにかけて、電気特性の善悪しを瞬時に判断して、転がり入る箱が違うだけでした。

Pentiumは数種類の動作周波数があるので選別は厳密なのではないかとおもいます(周波数によって製造プロセスも違うかもしれないし)PentiumPro180MHz200MHzしかないので適当なのではないでしょうか?(150MHzはもう作っていないでしょう)

【注意】一応言っておきますけど、以上は私個人の判断で行っているもので、なんら動作保証するものではありません。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る