インテリマウスは買いか? 

2月の中旬にMicrosoftからインテリマウスというちょっと変わったマウスが発売になったのはもうご存知でしょう。マウスボタンの真ん中にホイールと呼ばれるクルクル回るローラーが付いたマウスです。私は最初、『ケッ! またこんな変なマウス作ってどうするんだ、インターネットエクスプローラだけ効いても仕方ないだろう』と思っていたんですが、IE3.0で使ってみると意外にスクロールが楽チン! お、これはひょっとしてすげー便利なマウスではないか。ちょっとチューチューマウスにも未対応ソフトサポート機能をつけてみるか。とみんなホイールという機能をVer1.9で追加したわけです。3週間ほどデバッグしながら使い込んでいくうちに、もうホイールの便利さから抜けられなくなって、あっという間に自分のPCと会社のPCと妻のPC用に3つも買込んでしまいました。今週末にOffice97を買うときにはインテリマウス付きのを買って、総計4個にする予定です。でも茄子型マウスなんで握りの感触はイマイチです。ホームマウスにホイールつけてくれたらいいのに。

で、こんなに変わったデバイスを作ってしまったんですから、今後Microsoftがどう普及させるかが注目です。Windows95が出たときにはWindowsキーをもったナチュラルキーボードが登場しました。現在104と呼ばれている英語キーボードです(私は研究のために個人輸入しました)こんなん流行るんだろうかと思っていたら、日本語106キーボードにもWindowsキーがついて109というキーボードが現在主流になってしまいました。

てことはですね。きっとこのホイールも1年後にはNECの98とか富士通のFMVとかに付いてくると予想できます。ただ、Windowsキーの場合はMicrosoftが各社キーボードメーカにWindowsキーをつけるように要請したと記憶していますが、ホイールは果たして要請するでしょか? 仮に要請してもマウスメーカは採用するでしょうか? それはホイールはMicrosoftが特許を取っているらしいからです。インテリマウスのユーザガイドの1ページ目に特許申請中とかいてあり、その上の文面は英語版の直訳らしいので、英語版では既に特許は申請してあるはずです。WindowsキーはWindowsキーというキーコードをもったキーを1個2個増やすだけなので特許に成らないと思いますが、このホイールは間違いなく特許になるでしょう。そうするとマウスメーカ各社はMicrosoftに特許使用料を払ってホイールをつけなくてはならなくなります。

あと、ノートPCのホイールはどこに付くんでしょう? 2ボタンの間にダイアルを取り付ける? それともアキュポイント自身がホイールになる? どこのメーカが最初にホイールをつけるか注目したいところです(ノートPCは未だにWindowsキーが付いていないものもありますが)

そうそう、1つ気になっていることがあります。特許絡みなんですが、ダブルクリックの間隔を設定するのに、実際にダブルクリックを行って、その時間を計測して設定値にするという方法がたまに取られています。インテリマウスをインストールすると、この方法で設定する機能がマウスのプロパティに出てくるようになります。これって実はあるメーカが特許にしようとしている方法なんですよね。Windows95の標準のマウスのプロパティはこれに該当しないけど、インテリマウスのインテリポイントはアメリカで作って日本語に移植したから、この辺まで調べていないんでしょう。

あ、変な方向に話が進みましたね。結論、インテリマウスは買いです。

という話をしたら、るふぃあ・Kさんから次のような情報を頂きました。『ホームページで”インテリマウスは買いか?”を読みました。それで情報ですが、もう知っているかもしれませんが、実はホイール機能 はインテリマウス以前にあったのです。メーカーはわかりませんが、GENIUS マウスのEasyScrollerがそれです。すごく便利で使っていました。形は無骨 ですけどね。』

『最近あった話題』に戻る
『ホームページ』に戻る