今年も花粉症が来ています

---

今年は例年に比べて5倍ほど多く花粉が飛んでいるそうです。私は去年から花粉症の仲間入りをさせてもらいました(別にお願いしたわけでもないが向こうからやってきた)今年は多い多いと早くから言われていましたが、私の症状が出たのは大体バレンタインデーあたりからです。外に30分いると鼻水ずるずる状態で、放っておくとみっともない鼻垂れ小僧になってしまいます。会社や家の中にいる間は症状が軽いのですが、朝のミーちゃんの散歩とかで外をうろうろしていると、途端に鼻水ズルーって感じです。症状は殆ど鼻水とくしゃみだけで、目がかゆくなるとか、頭が痛くなるとかはありません。まだ新人だからでしょうか?

ところで、会社の人で『今年で花粉症になって10年目だから、今年で最後なんだ〜!』といっている女子社員がいました。これって本当なんでしょうか?花粉症は10年勤め上げると退職なんでしょうか。うーん、そんな話は他にきいたことないんだけど。花粉症は仲間入りしたら一生付き合うことになるもんではないの?誰か知っていたら教えてください。

---

と言ったら増田さんからこんなお便りが届きました。

そういえば私も15歳で花粉症にかかり、26歳(去年)で突然治っちゃいました。よくよく考えてみれば ジャスト10年ですね。「花粉症は一生治らない」ともいわれていますが、もしかしたら「10年説」もまんざら嘘ではないのかもしれませんね。

ちなみに私は杉花粉症ではなくて松花粉症でした。通勤時に海沿いをバイクで走るのですが、10分おきにバイクを止めて鼻をかまなければならなかったのでとても辛かったですよ。

花粉症に「四季」を感じるようになればもはや達人でしょう。せっかくだから花粉症の達人になってみるのもいかがでしょうか。(私は挫折しましたが)

---

堺さんからもこんなお便りが届きました。

これはアレルギーですから、急に直るということはまずありません。テレビでも「直った」といっているタレントがいますが、原因として考えられるのは「転地」でしょう。それ以外で症状をなくすには、減感作療法しかないはずです。でも治療に1年ないし2年、もしくはそれ以上かかるのでなかなか根気が続かないし、100%効果があるとはいえない(直らない人も二割くらいいるらしい)のが難点。

あとはもう対症療法ですねえ。毎年症状の出はじめる時期がわかったら、つぎの年はその日の二週間くらい前に耳鼻科に行って、抗アレルギー薬を処方してもらい、シーズン終了まで飲み続ければ少しは楽です。私は今年、医者に行き忘れて、眠気と戦うことになる抗ヒスタミン薬を飲んでいます。

私は20年近くなりますねえ、花粉症になってから。症状の軽い、重いの違いはあっても(おととしは絶望的だったし、去年はやや快適でした)、まったく直りまケん。あと一ヶ月かあ。うーむ。

---

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る