9GBのハードディスク

QUANTUMの9GBHDD年末に注文しておいたQuantum製の9Gバイトのハードディスクがようやく届きました。工場からの出荷が遅れていたようですが、一体どこの工場で作っているのか?シンガポールだったら心配だなぁ。だってこの大きさに9GBだから結構技術が必要なはず。とラベルをみたらMage in Japanと書いてありました。ちょっと安心です。でもQuantumはIBMへの納品の際に、『全製品を検査しろ』とか言われているそうです(^^;) このディスクは大丈夫でしょうか?そんなこといったって、去年はCONNERのディスクが壊れたからどこでも壊れるときは同じか。 このHDDはSCSI-3、俗にいうUltraSCSIってやつです。WideでないのでケーブルはこれまでのSCSI2のが使えます。転送レートは20MBですが、米国PC MagazineのレポートではSCSI2もSCSI3もWindows95で使うには性能に変わりないと言っていました。で、私も性能を計ってみることにしたんですが、ツールはWinBench96を使ってみました。計るのはSeagateの2GBのIDEと、TekramのSCSI2カードに接続しているIBMの4GB、それとこのHDDです。

ディスク Seagate IBM Quantum
測定値

(KB/S)

829 1080 1220
性能比 1 1.3 1.47

結論からいうと、IDEの5400回転のSeagateのに比べて1.5近く高速です。ただIBMの7200回転と比べれば1.12倍と殆ど差がないので、このわずかな差はディスク固有の性能によるものなのかUltraSCSIのお陰なのかはっきりしませんでした。でも速いに越したことはありません。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る