超薄32MBメモリ

去年から続いてきたメモリ安値基調ですが、韓国が減産に入ったのと、円安になった影響で少しづつ値上がり基調になったようです。『これがもう底値だろう』と思ってメモリを買うんですが、次の週にはまた値下がりしているという感じでしたが、今週はやっとそれが逆転しました。いつもメモリとかは通販でかっています。有名なのはTWOTOPですね。対応が早くって、銀行に代金を振り込むと翌日には大体発送されてきます。会社で購入するときに見積もりを取るとぜんぜん返事が返ってこなかったんですが、個人相手の購入は結構対応がいいので、最近気に入っています。 昨日はDATテープ5本(10本頼んだけどなぜか5本しか入ってこなかった)、32MBのEDOメモリを2枚、フロッピドライブが届きました。
そのメモリなんですが、32MBといえば大体両面にチップが半田付けされているのが相場です。16MBなら片面で十分実装できますがね。ところが今回届いたメモリはなんと片面実装だけでした。それもとっても薄くってチップの上には金属のカバーがかかっています。カバーにはPanasonicの押し型がありました。Made in Japanの文字も基板にあります。これはいままでで一番薄くて実装密度が高いメモリです。さてと、16MBと交換してみようと、マシンを開けて昔のメモリと比べてみると、もう薄さやチップの数では何MBのメモリなのかぜんぜん見分けがつかなくなりました。これは16MBだろう、と思って差してみると32MBだったり、これだけ両面についているから32MBだろうと思ったら16MBだったりして。唯一区別がつくのは16MBのパリティ付きのです。これはチップの数が8個+パリティ分があるので他のとは雰囲気が違うんですよね。今度から買ったらシールにサイズとアクセス速度を書いて貼っておかねば!
で、なんだか調子の悪かったFDDを取り替えようと思って新しく1台用意したんですが、はずすときにケーブルの方向を確認してなかったので、電源は区別つくものの、インターフェース側のケーブルはどっちがどっちだかわからなくなってしまいました。普通、こコネクタの出っ張りが邪魔して方向がわかるもんなんですが、FDDのはピンが裸のむき出しなんでわかりません。差してみるとどっちでも差せます。『きっとこっち側が上だろう』と感で差し込んで電源ON。パシッ!という音がして、モータ付近から白い煙がモワーン! 松脂の臭さが広がりました。あーあ、もう壊してしまった。結局、最初からついていたのでもケーブルを差し替えると動くみたいな様子で、どうやらケーブルの断線か接触不良が原因みたいです。あーあ、もったいない。

FDDのケーブルは方向間違いやすいんで気をつけてくださいね。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る