BIBLOのディスク交換日記


壊れたHDDつい先日の事なんですが、いつも持ち歩いている富士通のFMV-BIBLOというノートPCのハードディスクが突然、ガリガリという音を立ててお亡くなりになりました。ほんと急なことなんでビックリ仰天ってところです。とくに衝撃を与えた覚えも無いし、へんな使い方をしていた訳でもなく、会社のマシンの隣に電源入れて置いておいたら、急にガリガリ音がしだして、ヤバイと思ったらもう2度と立ち上がりませんでした。

丁度1年ほど前に買ったマシンで、保証期間も過ぎていたので直してもらうわけにもいかないし。ちょっと中を開けてみたんですが、どこにハードディスクが隠れているのかもわかりません。で、どんどん裏ブタやバッテリやボードを取り外して行くうちに、なんとか2.5インチの壊れたディスクが埋まっているところに到達しました。

うーん、2.5インチは小さいな。取りあえずこれと同じ大きさのHDDを横浜のDOS/Vパラダイスまで行って探してこよう。その前にチョットWWWで調べなきゃ。ん?もうこんな小さい容量のHDDはないってか。Vパラに電話してみたら1.3GBの東芝製のがあるという返事。値段は3万8千円ほど。仕方ない、このBIBLOはエンハンスドIDEじゃないから 540MB以上は認識してくれないんだよね。もったいないけど動かないのはとっても不便だから、今後買うかもしれないノートPCに転用すればその時にでも役に立つかもしれないから、取りあえず買ってつけて現状維持で我慢することにしよう。

そう思って、DOS/VパラダイスにHDDを買いに出かけました。最近の2.5インチHDDは 2GBまで出ているんですね。昔は500MBぐらいがいいところだったのにな、1年でここまで成長するのはすごいぞ。そんなどうでもいい感激をしながら買った1.3GBのHDDをBIBLOに取り付けて、分解した部品をまた元どおりに組み付けて………、ありゃ? ネジが2本あまってしまった。こういうのってよくあることですね。どこか締め忘れたらしいけど、ま、いいか。空中分解するわけでもないだろうし。

せっせとフロッピからまたWindows95をインストールし直して、なんとか現状維持までもってこれました。ところが会社の同僚が言うには、EIDEをサポートしていないBIBLOに WestanDigital(あのCaviarシリーズを作っているHDDメーカです)のHDDとかに付いてくるDiskManagerをいれると540MB以上も認識して使えるようになるらしいという情報を教えてもらいました。そっか、そう言えばあの白いディスクはそういうものだったな。使ったことがなかったけど幸いFDは机の中にしまっておいたので、DiskManagerをインストールしようと思ったら……『このDiskManagerはWestanDigital用にカスタマイズされたバージョンです。どんなのでも使えるバージョンはここに電話してください』とアメリカの電話番号が表示されて終了してしまいました。そうかぁ、WDのHDDはOEM版を無料でつけて売っていたわけか。アメリカのオンラインショッピングにいってDiskManagerを探してみましたがみつかりません。こんなOEMしているくらいなんだから、どこかに売っていてもいいものだが。

EZドライブ次の日のこと、先の情報を教えてくれた同僚が一冊の本を持ってきてくれて、そこにはEZドライブというソフトでEIDEをサポートしないPCでも540MB以上のディスクが使えるようになるという記事が載っていました。EZドライブを扱っている秋葉原のお店の電話番号も書いてあります。ちょこっとオンラインショッピングで調べたら、このEZドライブは$25ほどで売っているようです。まあ、わざわざアメリカから買わなくても日本のお店の電話番号が書いてあるから、ここにも電話してっと。ある!、EZドライブが3000円で置いてあるって!、それじゃ秋葉原まで買いに行くしかないね。結局、秋葉原は遠いので同僚が行くついでに買ってきてもらうことになりました。

さて、今日はEZドライブが手に入ったので、早速インストールしてみることに。 Windows95の起動ディスクから立ちあげてF8キーでプロンプトで止める。 フロッピ中のEZというプログラムを実行すると画面が現われ、いろいろ設定項目がある。オートマチックにいれる方法もあるが、取りあえずどんなことができるかまわってみることにした。すると、『あなたのHDDを全部使おうと思ったら、○○○というパラメタにする必要があるが、BIOSは△△△とレポートしている』という画面があった。なーんだ、このパラメタさえ合わせれば実は540MB以上も読めるってか? 自分でBIOSのパラメタを書き換えてみて、Windows95を起動してFDISKを見てみたら、さっきまで300MB強で100%使っていますという表示が、27%使っていますと報告してくる。それじゃここでドライブD:を作ればもっとHDD容量を使えるかも。と新しい区画を作ろうとしたがFDISKは作ってはくれなかった。やっぱり素直にEZドライブをインストールすることにしよう。

EZドライブで再びパーティションを作り直してシステムを転送すると1.3GBのフォーマットされた区画がドライブCに生まれた。もちろんフォーマットされているので以前のデータは無くなっている。本当にこれにWindows95をインストールして動くのだろうか? また20枚のフロッピからWindows95をインストールしたら。おお。Win95が動いている。ドライブCのプロパティをみても1.3Gと表示されている。3000円の投資で空白の1GBを捨てずに済んだわけだ。これは超ラッキーだ。

というわけで、同じ悩みを抱えている人はこのEZドライブを使ってみることをお勧めします。一応、DOS、Windows3.1、3.11、Windows95、WindowsNTはサポートされているみたいです(OS2とかも書いてあったけど)どうやら、このEZドライブの仕組みは、起動時のブートレコードに自分を入れて、BIOSのパラメータを書き換えて、それでもって区画を切るときはFDISKを使わせずにEZドライブが独自に区画を作ってフォーマットするという仕組みみたいです(観察している限りでは) だから、EZドライブをインストールしたHDDからブートしないと1.3GBの区画を認識してくれず、ドライブCは無いことになってしまいます。 この辺だけ気をつければ大丈夫みたいですね。

P.S. EZドライブを扱っているお店は『マクサスコンピュータアップグレードサービス』 で電話は03-5296-0486、秋葉原のLAOXコンピュータ館の1本裏手の道にあるビルの5階にあるそうです(私は買ってきてもらったから場所はよく分かりません)

耳寄りな情報:ある方が次のサイトにあるDiskManagerは東芝のHDDでもDiskManagerが認識して動作するという報告がありました。私も一応ダウンロードしてみましたが、興味のある方は実験して結果を教えてください。場所はhttp://www.quantum.com/support/menus/drvutil.htm(1999年9月25日現在、先のリンクは無効になりました) の DM712.EXE です。Quantumのサイト、説明にはQuantum専用バージョンだと書いてあります。


『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る