LANの100BASE移行物語

我が家のマシンは全部10BASE-TのLANで繋がっています。全部LANで繋がっているのでデータの移動やサーバからの一斉バックアップとか不便なことはないのですが、最近だんだんとバックアップする量も増えて時間も掛かるようになってきたので、ここらでちょっと100BASEのLANに移行して、10BASEに比べてどれくらい速いものか試してみたいという、結構いい加減な衝動にかられまして、LANカードとHUBとブリッジを買って試してみました。そのときにわかった情報などをお伝えします。

LAN構成

私はLANには疎い方なので、100BASEにするにはHUBはどうするのか・ケーブルはどうするのかあまり詳しくありません。たぶん、100BASEのLANカードを買って100BASEのHUBに繋げばよい。でもケーブルは10BASEで使っていたものが流用できるんだろうか? 10BASE-Tと100BASE-Tのコネクタは一緒の形しているし、問題はケーブルの特性? それとも結線の仕方が違う? まあ、HUBとか買えばマニュアルに何か書いてあるだろう。ノートPCは100BASEのPCMCIAカードを買って交換するか、10BASEのPCMCIAから100BASEにブリッジというもので繋ぐか。結局次の構成で接続することになりました。

10BASEのLANはLANカードもHUBも安いものが出回っているので少ない投資で構築できますが、100BASEのLANは、LANカードが10/100BASE対応型が10BASEと殆ど変わらない値段で売られているものの、HUBが安くても10万円くらいしてなかなか手が出ない状態だと思います。今回は10BASEのネットワークも残して起きたいので、100BASEと中継するブリッジなるものも購入しました。

HUBのマニュアルを読んでみたりするうちに、ケーブルのコネクタが一緒だけどケーブルの特性がカテゴリー5という高級?(多分3に比べて高級なんでしょう)な線でないと駄目らしいことがわかりました(あたりまえだって? まあまあ、知らなかったんですから)10BASE-Tのケーブルはいままで何本か買っていましたが、それのカテゴリーなんてあまり気にしていませんでした。カテゴリーには3・4・5とあるらしくって数字が大きくなるほど線が太くなってシールドがよくなっているようです。我が家にあるケーブルはカテゴリー3と4で、カテゴリー5はありませんでした。でも取りあえずカテゴリー3のケーブルで動かないか取りあえず実験してみます。

LAN装置

参考までに今回新しく買ったLAN装置の紹介をしておきます。

装置

説明

10/100BASEブリッジ 10BASEと100BASEを中継する装置です。今回新しく買いました。メルコのLBG-1011という製品でTWOTOPの通販で76800円でした。
100BASE-HUB 100BASE用のHUBです。新しく買いました。メルコのLHB-100TX-8という製品でTWOTOP通販で93800でした。
10/100BASE LANカード 10BASEと100BASE自動切り替え型のLANカード、3comとintelが候補にあがりましたが、いままで3comばかりだったのと、intelの方が安いのでEtherExpress Pro100 PCIを12500円で買いました。

3台のHUBとブリッジintel EtherExpressLANカード比較

ブリッジとHUBはくっつけるとこんな具合になってあんまり格好よく鎮座していません。なるべく短いクロスケーブルで繋ぎたかったのですが、1mしか手に入らずこんな格好になってしまいました。30cmの長さで十分だったでしょう。

LANカードはバスがISAからPCIになりサイズもどんどん小さくなります。左側はintelのEtherExpress Pro100 PCI、次の3枚のLANカードは左下がintel、上が3comのEtherLink3PCI、右下がEtherLink3ISAです。

速度計測

さて、10BASEから100BASEに移行するとどれくらい早くなるかが一番の焦点だと思いますので。速度を計測しながらLANカードとHUBを交換して行きましょう。inNT4.0が載ったPCはサーバとして利用していますからWin95で再起動することはできませんので、クライアント側のOSをWin95とWinNT4.0に切り替えながら計測していきます。計測は約30BMのファイルを3回クライアントからサーバにコピーしてその時間を測りました。3回目のコピーともなると、ファイルは全部キャッシュに入っているのでディスクアクセスがありません。この方がLAN性能単体に近い値が出るだろうと思われます。下の表の見方ですが、灰色はクライアント側、水色はサーバ側、緑は計測結果です。

まずは3comのEtherLink3を使った2番と3番。現状のLAN構成ではWin95が1033KB/sec出てましたがNT4.0にするとガクン!と速度が落ちます。なんでこんなに遅くなるのでしょうか?ネットワークはNTよりWin95の方が速いんでないかという結果が後でも出てきます。

次の4番と5番はクライアント側のLANカードをintel製に交換しています。win95では29秒が31秒にダウンしましたが、NT4.0では40秒が36秒に早く速くなりました。3comはパラレルタスキングという技術を使って高速だと宣伝していますが、NT4.0ではintelの方が速いみたいです。

次の6番と7番では予定のネットワークを組んで、クライアント側を100BASEに、サーバを10BASEに繋いで計測しました。この状態ではブリッジを経由するためにどれくらいの速度低下があるか焦点ですが、殆ど遅くなっていません。計測誤差範囲だと思います。

最後に8番と9番で、サーバ側をintelのLANカードに交換し100BASEに接続しました。結果は約2.6倍に速くなります。ベース技術が10倍になるのだから実行速度も10倍になるかと思いましたが、ぜんぜんそこまでは行かないようです。どこか他のところでネックが発生しているのでしょう。それより、2番と3番の比と8番から計算して9番の値は1975KB/secと予測されるところですが、2305KB/secとなるのはintelのLANカード(ドライバ)が優秀なせいでしょうか?

取りあえず100BASEで高速にはなりましたが、この速度向上が妥当かレベルにあるのかもっと高速になってよいものなのか判断がつきません。もし情報を持っていたら教えてください。

まとめ

ここまで実験してわかったことなどをまとめましょう。

  1. 将来的に100BASEにする予定とかあるならカテゴリー5のケーブルを選んで買うこと。後で買い替えるのはもったいないです。
  2. HUBを使わないでクロスケーブルでLANカードを直結するなら10BASEのカードより10/100BASEのカードを買った方が得だとおもう。3台以上になってHUBを使うことになっても10BASEに自動切り替えされるだけだし役に立たなくなることはない。
  3. LANカードは3comが一番だと信じてきたが、WinNTではintelの方が速い。ちょっとショックだった。ドライバの出来しだいだと思うし、3comの100BASEを試した訳でないからまだ結論はでないか。
  4. ネットワークを通したファイルコピーに限ってはNTよりWin95の方が速い。他のネットワークを使った通信がどうかわからないけどファイルコピーは少なくともそういう結論らしい。これもショックだ。
  5. 10BASEが100BASEになったからといって10倍単純に速くはならない。

ま、またなにかわかったら書きますね。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る