マウスを掃除する

3.5インチドライブクリーナ マシンの3.5インチフロッピドライブの調子が悪くなったので、掃除したら復活するんじゃないかと思い、その手の器具を探しにお店に行った。昔はよく5インチフロッピドライブの掃除する器具は目に付いたが、3.5インチが主流になってからは見た覚えが無い。もしかして3.5インチはメンテナンスがいらないんだろうか? なんてことはないよね。構造は同じなんだから。事実、私のドライブは調子悪いし。

掃除用品コーナーをぷらぷらと見てまわっていると昔ながらの5インチも3.5インチもあり、その他ディスプレイやキーボードやマウスやありとあらゆる掃除器具が並んでいる。ディスクドライブのクリーナは湿式と乾式があるけど簡単そうな乾式を選んでみた。ディスクの中身は緑色をした硬そうな円盤が入っているけどこれできれいになるんだろうか? ま、試してみるしかないか。

マウスの掃除器具を見ていたら、外国製らしい変な物を見つけた。マウスの掃除で一番厄介なのはボディの外側じゃなくて、ボールが入っている穴の中の部分。回転するローラーに粘土のようにゴミがくっついてなかなかこすっても取れない。パッケージの絵を見ているとボールの代わりに付属の黒い玉を入れて、専用のマウスパッドの上をゴリゴリ転がすだけできれいになると書いてある(英語だから適当な解釈だけど)これは楽かもしれない。綿棒や爪楊枝で転がるローラーを掃除するのは至難の技なのだ。さっそく買って試してみることにした。会社のマウスは大掃除の時にきれいにしてしまったので、その秘密兵器を使うまでもない。近所の同僚のマウスもみんな掃除されているので家のマウスに使ってみるしかないな。

家のいつも使っているマウスはしばらく掃除してなかったので、ローラーは真っ黒に粘土がこびりついていた(写真のマウスは撮影用の使ってないやつです)。これは楽しみ。

裏ブタを開けて、マウスのボールを取り出して、代わりに黒いボールをいれる。そして付属のマウスパッドの上をゴミが取れるまでゴロゴロ転がすだけ。いやー、簡単ですなぁ。1分ほどゴロゴロしているときれいになりました。この秘密兵器のからくりは簡単。黒いボールの周りはマジックテープの固い方みたいなのがびっしり貼り付けてあり、マウスパッドの方はマジックテープの柔らかい方の敷物になっている。だから上を転がすだけで玉とマウスパッドは強力にくっつきながら玉がゴリゴリ回る。玉の表面は固いちくちくした方なので(まあタワシみたいなもんです)こびりついた粘土をこすり落とすという仕掛けです。パッケージには特許みたいなことが書いてあります。そうでしょうね。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る