クレジットカードの変な仕組み

クレジットカードでちょっとした変な体験をしたので紹介します。

11月の中旬ごろ、あるお店で3万8千円ほど買い物をして、クレジットカードで支払いをしました。ところが、その時レジの人が間違って38万円と入力して、クレジットカードを通してしまいましたが、すぐに間違いに気付いてマイナス38万円の相殺処理をしました。それから正しい3万8千円のレジを打って私は3枚目の3万8千円の紙だけにサインをしてチャン!チャン!となるはずだったのですが、実はこの入力ミスが後々問題になったのです。

12月に入ってMicrosoftのMSDN(Windowsプログラムを開発するの欠かせない情報源元です、でもプロフェッショナルは7万円もするんだよね)の更新の案内が来たので、同じクレジットカードで買う申し込みをしてしばらくしたら、カードから引き落とせませんでしたとMSDN事務局から電話がかかってきました。最近高額な買い物をした覚えもないし、何かの間違いだろうと思いましたが、更新期間が切れても困るし、カード番号が盗難にあっているかもしれないので、とりあえずクレジットカードの発行元の出光カードに電話で確認してみました。 そしたらなんと、11月に間違えて入力した38万円が入力されたままで、マイナスのデータがまだはいって来ていないとのこと。 『そっか、あの店員が慌てていたので、マイナス38万円の処理ができていないのだな、まったくもう…』とお店に電話をして事情を話して処理の確認をしてもらいました。そしたらですねぇ、お店は確かに相殺処理をしていて、中間に入っているDCカードにも確認したところ、そちらでも相殺処理されているとのこと。

『ってことは出光カードが処理していないってことか? でもマイナスのデータは入ってきていないと電話でいってたけど、どうなってるんだ?』 お店が出光カードの別の問いあわせ先電話番号を教えてくれたので、そこに電話して最初から順番に全部話して、どうしてマイナスされていないのか質問したら、なんととんでもなく変な仕組みを教えられました。

どうやら、カードにはプラスの累積とマイナスの累積があって、カード利用限度額は、このプラス側の累積で制限されていて、毎月20日にプラス額とマイナス額を合計して請求するらしいのです。つまり、毎月カードの引落が完了しないと、間違って入力されてプラスの限度額がオーバーしていたら、いくらマイナスの相殺処理をしても、限度額オーバーでしばらくカードが使えない期間があるようです。 知っていました?こんな変な仕組み。もし、これに気付かないで現金もたないで買い物に出かけて、カードで払おうとしたら使えなかったなんで洒落になりませんよね。品物なら買わずに帰ればいいけど、飲食店なら無銭飲食で捕まりますよ。 みなさんも、カードの打ち間違いには十分注意して、もし間違いがあったらカード会社に連絡して確認しましょう。なお、今回の私の場合。カード会社が一時的に利用限度額をアップさせることで、また使えるカードに復活しました。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る