再びくさやに挑戦

あけましておめでとうございます。正月はホームページを更新することもなく、ネットワークから切断されてのんびりというかグデグデというか正月を過ごしてしまいました。今年は初めて市販のおせち料理を買って食べてみたのですが、洋風和風中華といろいろ買い過ぎてしまって、6日になってもまだ少し余っています。あまりにダラダラしすぎたら6日の仕事始めには社会復帰できませんでした(^^;)

これではイカン!まずは食事からいつものペースに戻そうということで、いつものスーパーに出かけました。が、正月は漁師さんもお休みなんでしょう、あんまりおいしそうな魚が揃っていません。ブラブラ探していると、

『ん?なんだこの箱は、1480円?偉い高い値札がついているな。ん?焼きくさや』そうです、またクサヤを発見してしまいました。以前真空パックになっているのを発見したスーパーとは別の店です。冬はクサヤのシーズンなんでしょうか? 去年の部屋中に匂いを撒き散らしあの一件以来、くさやについての情報をいくつか頂きました。みなさんくさやはにおいは臭いけどおいしいから食べてみなさいという励まし?のお便りです。ここは皆さんの声援に応えて実践せねばなるまい! 変な使命感に駆られてその箱を買いカゴにいれてしまいました。

夕飯も食べ終えて早速箱を開いてみました。既に焼かれて適当な大きさにちぎられているので、焼いて臭い思いをしないで。済みますでもビンの蓋を開けるとやっぱりあの匂いが……… ちょっと臭いけど小さいかけらを口に含んでモグモグ。まあ、予想どおりの味がします。酒の肴向けですね。ジッとこっちを見ているミーちゃんにも一欠けあげてみたら、最初はクンクン匂いを嗅いでいましたが、そのうちバッ!と食べました。臭いけど猫は好きみたいです。

そんなわけで初めて口にしたクサヤですが、初めて納豆を食べたときと同じ感覚です。私は北陸出身なので小さいころは納豆を食べる習慣がなくて、『なんでこんな臭い豆をご飯にかけて食べるんだぁ?』と納豆に敵意を持っていましたが、横浜にきて食べなれてみると『結構ご飯にあうねぇ』といつの間にか納豆が好きになりました。これとすごく感覚が似ています。こんなに臭くても食べなれると好物になるんでしょうか?

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る