ガソリンが安い!

私の住んでいる神奈川県は、いま異常にガソリンが安いです。なんとハイオクで98円/l、レギュラーにいたっては88円/lという値段です。2ヶ月ほど前から、なんだかガソリンが安くなってきてるなぁ、円高でもないのにどうしたんだろう。ま、安いのは歓迎だからいいんだけど...と思っていたらジリジリ値が下がってきまして、今日ガソリンスタンドにいったらこの値段です。 私はいつも出光で入れていますが、他の系列でも似たような値段で、ハイオクで100円きってるところが普通です。 一体全体、どうなっているんでしょう。為替は1ドル125円ぐらいで推移して円安基調なので、輸入価格が安くなっているとも思えません。誰か、この訳を知りませんか? この前、静岡県で入れたときはハイオクが115円してました。安いのは神奈川だけでしょうか? みなさんのところはどうですか?

近年、ガソリンスタンドが始めたサービスでクレジットカードの使った金額に比例してガソリンを値引きするサービスがありますよね(懸賞金が当たるのもあるけど)前月に30万円使うとハイオクで45円/l値引きしてくれるので、98円だと53円でいれる勘定になります。ところがガソリン税が1リットルあたり53.8円も含まれているので、業者は完全に赤字の筈なんですが、こんなんでいいんでしょうか。そういえば、だんだんとガソリンスタンドが減っているような。

車関係の話題で思い出したんですが、車の距離計、とうとう6万キロを突破しました。ところが、またその瞬間を逃していまい、気づいたら10キロほど過ぎていました。前日には『明日は6万キロになるから絶対見てやろう』と覚えていたのに... 次は66666キロを目指しますか、でもきっと忘れそうだな。

カードでガソリンを買う際の注意点について、内田さんより情報頂きましたので紹介します。(97/11/24)

このクレジットカードを使ったサービスは最近ほとんどの元売りが 採用してきていますが、一般の顧客には少し誤解があるようです。 ガソリンの価格にはランク付けがあって客によって少しずつ売値が違います。 一番安いのは「現金フリー」「現金固定(現金メンバー)」と呼ばれる客層で、フリーはカード類を一切使わない通りすがりの現金払い客、固定は出光で言うと“まいどカード”を使う客です。

法人契約した場合、メンバーカードが渡されますが月末締めの翌々 月払いとか、クレジットカードの15日締め、翌月27日払いとか スタンド側として、どうしても現金収入が遅くなる客層には、少し単価を高く設定するようです。また、カード会社への手数料も当然単価に上乗せする訳です。 クレジットカードで買い物をすると店にもよりますが、手数料分を表示価格に上乗せする所もあります。(ソフマップもそうでした) 30万もの買い物をクレジットカードで行うとカード会社の手数料収入は1万円以上になるのでは無いでしょうか? ガソリンが安くなるならという心理で客はクレジットカードをなる べく使い、これによる手数料が見込めることでガソリン販売での手数料を値引き出来るという仕組みです。 1リッター45円安くすると単純には赤字間違いなしでしょうけど 元々、現金払いより高い設定がカードをあまり使わない客にも適用されるので結果的には赤字にならないという試算が成り立ちます。 つまり、安さの期待感にあおられて元売り系のクレジットカードを使うと、カードで買い物をあまりしない月は現金で支払うより高く ついてしまうのです。現金客との単価差はおそらく、3〜5円程度だと思うので、月々のクレジットカード利用額が5万円以上(?) を目安に利用するとスタンドでは安くなると思います。 それでも、本来、現金払いでは発生しないカード会社への手数料分 はたくさんの距離を走らないと相殺出来ませんが...。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る