点字の手紙

ご存知の人も多いと思いますが、私が作っているチューチューマウスはハンディのある人がパソコンを操作するのに役立つそうで、そういう方のために送金免除のサービスが用意されています。だいたい、1週間に2通か3通、この送金免除のサービスを活用して手紙と返信はがきを送ってくる方がいます。手紙を読んでいると事故にあって半身不随になったり、先天的な障害だったり、みなそれぞれ大変だけどがんばってるんだなぁ、と関心させられることもしばしばです。

昨日、ある封書を開けたら、なんと点字の手紙が入っていました。真っ白なんで 「ん?」 とおもってよく見たら表面に小さい突起がいっぱいあります。すげー、これが点字の手紙なんだ、きっと点字タイプライタとか点字プリンタのようなものを使って書いたのでしょう。うーん、でも読めないなぁ...と思ったら、ちゃんとワープロで書かれた手紙も同封されていてほっとしました。

最近、ビールの開け口近くとかに これは「ビールです」と印刷され、その横に点字が打ってある製品をよく見かけます。何社も実施しているか注意深く観察してませんが、あれは確かアサヒビールが最初ではなかったでしょうか? 私がちょっと指先でなぞっても、点がいくつあるかもわからないけど、点字をいつも読んでいる人は、相当指先が敏感なんでしょうね。この前、駅の時刻表の表に透明のアクリル版が貼ってあって、その上に点字の突起があるのを見つけて、ちょっと触ってみましたが、デコボコを感じるだけで点の数すらも読み取れませんでした。

夜の7時半ごろでしょうか、NHKの教育チャネルで手話をつかったニュースが流れているのをご存知ですか。私はよる7時からのニュースを見そびれて、チャンネルまわしてる間に、たまたま見ることがあります。手話と文字と声でニュースを伝えてくれて、それがちょっとゆっくりなペースなんでご飯食べながらみるのに丁度よい速さなんでしょうか。内容がよく頭に残っていいんです。それで手話を観察していて思ったことですが、話すより倍ぐらいの速さで情報伝達できるのではないでしょうか? 手話の人の動きはいつも話が終わる前に終わっています。でも固有名詞は1語1語になるらしく大変みたいです。あと、いくらうるさくても見えれば話しができますよね。 むかし、横浜駅のホームに立っていていたら、電車や校内放送で結構周りがうるさく、隣の人と話しするにも困るぐらいの状況のなか、そばにいた人が隣のホームで待っている友人と思しき人と手話で話しをしていました。こんなうるさいなかで話ができるなんて、すごい通信手段だと思いました。Infoseekで手話を検索したら、手話を習えるページとかあるみたいです。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る