フランスへの道

とうとう日本サッカーがフランスへいけるようになりましたね。あの最後の試合、私はちょうど高速道路を移動中だったので、生で映像は見られませんでしたが、帰ってテレビをつけてみれば逆転勝しているではないですか。これまで卵投げつけられたりやじられたり選手は大変だったでしょうけど、やっと努力が報われた気がしてホッとしました。それにちょっと経済効果も出るでしょう。適当に行政改革やっている政治家の考え出す景気対策よりよっぽどましです。

サッカーを全然知らない私が、ニュースから聞こえてくる言葉のなかで耳に残っている言葉があります。「ツートップ」という単語なんですが、なんでも、サッカーでは一番前で攻撃する人が2人組みなのをツートップというらしいですね。スリートップとかもあるらしいことは、会社のサッカーファンから聞きました。 もしや、あのパソコン部品など販売している秋葉原のツートップというのは、サッカー好きのオーナーが考え出した店名なんでしょうか? だれかあのお店の名前の由来を知っている人はいませんか。

あのマレーシアの試合の次の日、出社してみると案の定、サッカー好きの同僚が2人とも休んでいました。この前も「これが最後のチャンスか!」といわれていた試合の次の日は休んでいたので、きっと、ずっとテレビで応援していて寝坊したんでしょう。いつも会社のPCの壁紙には、どこでダウンロードしてきたか知らないけど、サッカーのスクリーンセーバとか、壁紙とかいつも飾っているやつです。人目見て「あなたはサッカーファンですね!」とわかってしまうデスクトップです。新聞で読みましたが、このワールドカップのシーズンになるとは会社を辞めて、サポーターとしてチームにくっついて応援し、また終わったら再就職するという、すごい根性入った人もいるとか。4年毎に転職してオリンピックを追いかけている人もいるんでしょうか。

1つ気になっているんですが、日本チームの監督が途中で交代しましたよね。名前は知りませんが、新しい監督は岡田監督でしたっけ。大事な試合の途中で監督が交代するなんて、ほかのスポーツでは信じられない作戦だ(実は当たり前のように行われているスポーツもあるかも知れないけど)と思いますが、あれはやっぱり効果あったんでしょうか。結果的にフランスへの切符は手にしましたが、その勝因に監督交代劇がどれくらい効果があったのか知りたいんです。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る