結石再発にはご用心を

結石のプロ(^^;)の中西さんからとても参考になるお話を頂きましたので皆さんに紹介します。

ホームページで、尿路結石のお話を読み、同じ持病を持っている私としては、 「うんうん」と深く頷くとともに、ikeさんの痛みがヒシヒシと伝わり伝わりました。

私は、高校2年の秋から2年おき位に、今日までの約20年間発病を繰り返してきた、腎臓結石・尿路結石のベテラン(?)です。 かかったお医者は、  

(横浜市栄区)栄共済病院(昔は大船共済だった:最寄駅・本郷台)
→(  〃  )済生会南部病院(最寄駅・港南台)
→(東京池袋)都立大塚病院
→栄共済病院(現在)

です。切開手術こそしたことはないものの、家から救急車、会社から救急車、会社でモルヒネを打って貰って病院送り、破砕手術(ESW法という)等々の 経験は豊富です f(^^; そのベテランの立場から、いろいろお話いたします。

1.自然排石について

ikeさんの書かれた、

》石が出ていくときはおシッコしていて気づくと言うけれど、全然気づかずに
》流れていってしまったんだろうか。 チャリン!と音がするのがちょっと楽し

については、私自身の過去7回の自然排石と他人の経験談から、こんな感じです。

1)自然排石できるのは大きさに限度があり、「チャリン!」と鳴るまで大きい石の自然排石はごくまれである。ちなみに私の過去最大石は、幅5ミリ・ 縦7ミリ・厚さ5ミリ程度でした。大抵は気づかずに排石してしまう。  

2)排石には、「あっ。何かがおちんちんの中を通っている」程度の感じしか伴わない。要するに「いつっ」という程度である。

3)医者によっては、「ビールのようなものを飲んで、どんどんお小水すべし」という人もいれば、「痛いときはどこかに石が引っかかっているからであって、こんな時に病状を悪化させるような発泡性飲料の摂取や、運動はもっての他」という人もいる。

2.痛みが激しい時の指圧療法

「素人の生療法は危険」とよく言われますが、結石の経験者であれば、あんな痛みは他にはないことを知っていますし(なにせ呼吸できなくなったりしますから)、「石だな」と思ったら病院に行くまでのちょっとの間でも痛みを軽くしたいものです。

こんな時は、栄共済病院の泌尿器科:池田先生に教えて頂いた、指圧療法が有効です。方法は以下のようにします。

1)手助けしてくれるパートナーを1人探す。

2)うつぶせに寝て、背中の痛いところ(大抵は腰に拳をあてて後ろに回した辺)の正に患部の頂点を探す。

3)パートナーは両手の親指を重ねて、全体重を掛け、こん身の力を込めて患部を約1分間思いっきり指圧する。

4)呼吸ができないような発作は30分くらいは収まるはず。大急ぎで病院に行く。医者には「痛くて呼吸ができない」程度であることを強く訴える。

3.私なりの再発防止方法について

結石の原因等はまだ明らかではないようです。自然排石すると、その石の成分を調べてくれますが、私のように「臭酸カルシウム90%」などという一般的な石の生成過程は不明らしいです。

しかし再発するとあの痛みはいやだし、特に腎臓に持病を抱えていると、根気がなくなりがちです。そこで私なりの再発防止策を一つ。

1)ストレスをためない  

意外ですがストレスは石の原因になるようです。私自身や他の人から聞いても、強度のストレス環境が長期間継続したときに、再発が多いようです。

しかし、ikeさんのようなお忙しい方には、ストレス溜めるな、というのも無理のような気が…。ikeさんだけでなく、アクセク働く私も無理です(^^;

2)運動する

規則正しい生活をする

最近の医学界の研究で、「骨は定期的に力を加えてないと、カルシウムが溶け出す」ということが証明されているようです。

私自身の経験から言っても、運動不足に睡眠不足、不規則な食生活、が数ヶ月続いた時は、間違いなく再発しています。特に、歩く機会がなくなり、机に向かってばかり、休日は疲れて寝ている、といった時は、要注意です。

3)苦みの多い野菜を一度に大量に摂らない

ニガウリや、タマネギのようなネギ類を、一度に大量に摂るような食事はよくない、と前出の池田先生は言います。確かにこうしたものを大量に摂ってた後に、再発していることが多いです(中西はオニオンスライスが大好き)。

4.効果が疑問な再発防止方法

お医者や他人に聞いて、実際に私が試した防止法ですが、効果は疑問です。

1)水分を大量にとる

前々回(3年前)の発病の時、「濃いオシッコにするのはよくないので、普段から水分はいっぱい取るように」と指示されました。

その後2年間に渡り、1日2リットル以上をノルマにして、きっちり水を飲んでましたが、昨年の元旦に発病しました。

2)ニラをとる

友人の弟が結石になったとき、お坊さんに言われてニラをいっぱい取ったところ、1.5センチ×1センチ大の石を自然排石したそうです。私も、一時期、赤提灯などでは「ニラ玉っ」などと頼み続けましたが、効果は疑問です。

3)体重を適正にする

中西が小太りだから、という訳ではないでしょうが、お医者も友人も必ずこれを言います。しかし、痩身の人でも再発しているのであまり効果の程は保証できません。決してダイエットに失敗しているヒガミでは…(^^;

4)神奈川:三保ダムの生水は飲まない

私の故郷は横浜でして、神奈川の水源は、相模湖の三保ダム(注:正しくは相模ダムで、三保ダムは丹沢湖だそうです)です。そして、神奈川は腎臓・尿路結石者が非常に多いらしいため、こうした研究発表が学会でされたことがあるそうです。

もっともらしいですが、上記1)の2L/日はミネラル水(お金出して買ってました(;_;)でしたので、これもちょっと…

以上、とりとめなく書きましたが、くれぐれも再発にご用心を m(_ _)m では、また。

いやー、大変ためになる話でしたね。私はこれを読んでいて、あんまりにも該当することが多くって、占い師に見てもらっているような心境になりました。

とくに原因になりそうなことですが、梅雨ごろからストレス感じてたんですよねぇ、いろいろあって。それにここ数年ずっと運動らしい運動なんてしてないし、おまけに、今年の夏は実家から赤玉ねぎが送られてきまして、私、これをオニオンスライスにして水にさらしてドレッシングで食べるのが好きなんですよ。母もそれを知ってておくってきたんですけど、一夏ずっと食べてました。これが要因になろうとは…

疑問な再発防止方法で水を大量に採るというのも私は賛成です。会社ではウーロン茶のペットボトルを2日に1本のペースで飲んでますから、水太りと言われても仕方ないですが、水分不足だとはちっとも思ってません。体重の適正化はさておいて(^^;) 水道水の水質にも関係するという話、私も母から聞きました。なんでも石川県の実家のある地方では、カルシウムが多いのかなにかが多いらしくって、町のみんなが結石になるということです。今回はそこで暮らしてたわけでないですが、ご指摘どおり横浜の水を飲んでます。

ここまでくると再発防止に何したらいいか分からなくなりますね。取りあえずたまにテニスでもして運動することに心がけてはいます。赤玉ねぎも来年の夏まで食べることはないでしょうし。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る