結石はどこへいった

今週の連休明け早々に、例の尿管結石の続きということで、造影剤による検査に半日かけて病院にいってきました。

朝9時半から検査ということで、前日の夜から飲まず食わずで行きました。救急車で運ばれたその病院は、結構大きな病院で、初診で直接いくことは原則的に駄目で、どこかの病院の紹介がないといけない、まるで大学病院のようなところです。とにかく、朝からロビーや各○○科の前にはお年寄りや青年や、ありとあらゆる年齢層の人がどっさり来ていて、すごい混雑様。患者は個人識別の磁気カードや資料を抱えて、検査の項目に応じて、レントゲンやいろんな所を宅急便の荷物の仕分けのように、右往左往しなくてはなりません。

病院に到着した私は、まず泌尿器科の受付にいって検査の受付を済ませます。すぐにおシッコを採取されて、レントゲンでお腹を採るために放射線科?にいきます。 いままで、レントゲンなんて毎年会社の健康診断で撮るくらいしか経験ないので知らなかったのですが、パンツとシャツ一枚になって、頭から青いエプロンのような服を被って、レントゲンの台に仰向けになり、血管から造影剤を機械で3分ぐらいかけて注入していきます。それで5分おきぐらいにレントゲン技師がやってきて、フィルムを交換しながらレントゲンを撮っていきます。

レントゲン室のスタッフは、あれこれと世話をやいてくれる看護婦さん。それから5分おきにやってきてレントゲンを撮るレントゲン技師。だけかと思ったら、実は造影剤を注射するときだけやってきる専門の人? この人、朝の交通渋滞に巻き込まれたらしく、私がレントゲン台で寝転んでてもなかなかやってこないで、来たと思ったら、造影剤をいれる針を右腕にチクン! と刺して、それ以来顔を見なくなってしまいました。 これは麻酔とか一緒でなにか特別な資格でもいるんですかねぇ。看護婦さんでも十分できる作業だと思うんですが。

合計5枚ぐらい撮ったらハイ終了! また泌尿器科にいって、長い長い順番を待って、やっと撮ったレントゲン写真を前に診断してもらうことができました。 造影剤を使ってあるので、このまえ救急車で運ばれたときよりずいぶんハッキリと腎臓と尿管が写っています。 腎臓は親指ぐらいの大きさと、むかし理科の時間に習った記憶があるのですが、私が見たところではうずらの卵より二周りぐらい大きいですね。

先生曰く、腎臓もちゃんと機能しているし、腫れてもいないし、石はどこかにいって見当たらないし、取りあえず、何も治療することがないから様子見てくれる? だって。言われてみれば、腰の背中側のドンヨリとした痛みもなくなっているような気もするしな。いつ石はいなくなったんだろう。石が出ていくときはおシッコしていて気づくと言うけれど、全然気づかずに流れていってしまったんだろうか。 チャリン!と音がするのがちょっと楽しみだったのに。

そんな訳で、いつのまにか直ってしまったようです。よかったよかった。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る