網戸を替えた

もう、うちの網戸は結構古いんですが、子供がいて悪さをするわけでもないから、古くたって壊れることはありませんでした。ミーちゃんがくるまでは。

ところが、今年、ミーちゃんも2歳になって体も大きくなったので、ちょっと、網戸に掴まったりすると さあ大変! 爪がグイ!と食い込んで、そのまま伸びをするものだから、だんだん網の目に大きな穴があいてきて、この大きさだったら蚊が通り抜けるんじゃない、という個所もちらほら。 まあ、これくらいならいいか、と放っておいたら、庭先にきたスズメをみて網戸に飛びかかり、ビリッ!破れてしまいました。ある夏の暑い夜、『なんか蚊がたくさん飛んでるなぁ。どこからやって来るんだ?』 ベッドで寝ていると顔のまわりをプーン・プーン♪飛び回るので、網戸が少し空いているのかと、確認したら、下半分がバッサリやぶれて、まったく網戸の役目を果たしていませんでした。

なんとか網戸を使わずに、戸を開けないで寝たりして、何とか一夏過ごしたけど、暑さが最近ぶり返してきて、『よっしゃ!網戸を修理するか』とダイクマ(神奈川県にある なんでも売っているディスカウントストアです)に出かけたのでした。店内を探しても網がみつからないので、店員さんに『網戸を修理したいんだけど、網は?』『あー、もう季節じゃないから置いてないんだよね』 ガーン、やっぱり夏じゃないと置いてないのか。どうやって修理しようかな。

近所の金物屋にいってみたら、さすがは個人商店なので、1メータあたり300円で買うことができました。店のおばさんと話していたら、ブチの日本猫が番猫してて近寄ってきたので、聞いたら9歳になるとのこと。全然人を恐がらないので、頭や喉を撫ぜて仲良くなっておきました。もう1匹真っ黒の猫が番猫してて、この猫はとなりの洋品屋さんが引っ越していった時に、置いてけぼりになったので、一緒に飼っているとのこと。家にも数匹の野良猫の小さいのがいて、結構猫好きのいいおばさんだったことが分かりました。(猫好きなだけで、よいおばさんと判断してしまう)

さて、網戸の網の交換ですが、網を交換したことありますか? 私は初めてなんですが、長〜いゴムを網と一緒に溝にはめ込んで止めているんですね。だから、ゴムを溝からビロ〜と外してあげると、網もベロンと取れちゃうわけです。網を広げて端を溝に当てながら、上からまたゴムを埋め込んで、周りを1周するとハイ!できあがり。というそんな簡単なものではありませんでした。ゴムをはめているとだんだん網がずれてきて、ピン!と張りながらゴムをはめないと、だる〜ん とした網戸になっちゃうんですよ。

最初は網戸を外して地べたでやってたら腰がだんだん疲れてきて、蚊も寄ってきてかゆいし、とても大変でした。だんだんコツが分かってきて、網戸は外さずに窓枠につけたままやったほうが作業し易く、網を上側からゴムで押さえるように1周すると、自然とピン!張った感じになって、1枚目は40分、2枚目を30分、最後の3枚目は20分ほどで作業完了しました。もう、網戸の張り替えはばっちりです。

あとは、どれだけミーちゃんの伸び攻撃に耐えられるか、これから耐久テストです。ボロっと取れちゃったりして。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る