ワールドカップ共同開催

そう言えば6月1日はワールドカップ共同開催の宣言がありましたが、みなさんどのようにお感じだったでしょうか? 『えーっ共同開催なんて』というご意見もあるでしょうし、『とにかく日本で開催されるのでうれしい』というご意見もあるでしょう。私はどちらかというと『共同開催は難しいだろうなぁ、でもこれを機会に韓国と仲良くなるいい機会かも知れない』と思っています。ちなみに私はサッカーにはぜんぜん興味なくてチームもよく知りません。というよりスポーツは殆どなにもやらないし、観戦もしません。

共同開催になった原因の一つに、その次のワールドカップをヨーロッパのベネルクス三国で共同開催するために、今のうちから日本と韓国で共同開催にしてワールドカップの開催規約を改正しておけば好都合だという思惑が働いた、という話は皆さんも聞いたことはあるでしょう。実はちょうど今年のゴールデンウィークにオランダとベルギーに行ってきまして、どんな国か見てきました。

オランダもベルギーも決して日本ほど経済的に豊かな国ではないと思いますが、みんな堅実に生活していました。とくにオランダは土地が海面より低いという条件があるため、土地は結構高価なものになっていて(それでも日本に比べれば安いけど) 川や運河は地面より高いところを走っていたりします。ベルギーはチョコレートがとってもおいしいところで、今年のバレンタインデーでも有名になったゴディバのチョコレート屋さんがあったりして、私はオランダよりベルギーの方がゆったりしていて肌に合いました。

で、ある日オランダからベルギーまでバスで移動しました。オランダとベルギーは地続きで、簡単に隣の国に行くことができます。高速道路(もちろん無料)の車は後ろにドライバーの国籍を示すシールを貼って走っているので、どこの国から来たのかすぐに分かります。フランスやイギリスから(ドーバー海峡を海底トンネルでわたってくるようです)もきていました。

『さあ、国境までもうすぐだからこの辺でベルギーのお金に両替して、検問所があればパスポートも見せなきゃいけないかも知れないし』とこころの準備をしていたんですが、いつまで走っても検問所がありません。1時間も走ってとうとう検問所というものを見ることができませんでした。 そうです、オランダとベルギーの間の往来はパスポートなんて必要なくて隣の県に行くような感覚です。普通は隣の国に入るときはパスポートに検印してもらいそうな物ですが、あまり国力がない国同士ですから、経済活動がスムーズに行く方がお互いのためだろうということで、検問所がなくなってしまったようです。

旅行から帰ってきてワールドカップの共同開催になったとき、『きっとヨーロッパの人は日本と韓国が陸続きだと勘違いしているに違いない』と私は確信しました。きっと九州の上の方で朝鮮半島とくっついていると思っているんでしょう(^^;) あ、ごめんなさいねワールドカップ関係者の方々。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る