WindowsNTのFTPが役に立つ時が来た?

この前、期待して買ったワードプロの話があったけど、雑誌「DOS/Vマガジン 」をみていたら、同じくワードプロのHTML編集機能に期待して買ったライター の話があった。その人は余っている非力なPCにunixを入れてFTPデーモン を走らせて、それを相手にワードプロのHTML編集を行えば役に立つという。確 かに私はHTMLファイルを直接開いて編集しようとしていたが、ワードプロのH TMLの考え方は、ネットワークからHTMLファイルをFTPで取ってきて、編 集が終わったらまたFTPで転送するというものらしい。

そこでハタと考えた。うちにも確かに486DX2-66のマシンがある。これにSolaris2.5 でっもインストールして同じようにFTPできるようにしたらワードプロでも便利 にHTMLファイルを編集できるかもしれない。フリーや書籍で出ているunix は安くて便利そうだが、なんかインストールが不安だ。最近でたSolaris2.5のintel 版はインストールも楽そうだし、ハードウェアコンパチリストを調べても、メジャ ーな周辺機器はWindowsNTなみにサポートしている。値段が7万9千円というのがちょ っと高いが、でも意外と便利に役立つかもしれない。。。なんてことを最近考えて いたんだが。

そうだ!WindowsNTにもFTPサービスがあるではないか。WindowsNTにファイルア クセスしようよ思ったらホイホイとネットワークドライブに接続するだけなので、 どうしてこんなFTPサービスが役に立つのかいな?とずっと思っていた疑問がと けた。こういう時に利用するわけね。早速FTPサービスをWindowsNTに組み込んで HTMLファイル用のディレクトリも用意して、そこをルートにするようにFTP サービスを設定した。まずはWindows95のコマンドプロンプトからftpコマンドで 繋いでみる。お、ちゃんと見えるではないか。それじゃワードプロで。

ん?確かに繋がるんだがディレクトリの中身が見えない。直接ファイル名を指定す ると確かに読み込んで編集ができるようになった。でもファイル名がずらずら並ん で見えないのである。おかしい。ftpコマンドでやったときは全部みえたし、ほ かのftpクライアントソフトで繋いでみても何も問題無くディレクトリの閲覧や ファイルのやり取りができる。これは誰の問題なのだろうか?なにか良い情報をお 持ちの方がいらしたらメールで教えてほしい。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る