もう1つのSCSIカード

5月に入ってからというもの、あんまりマシンの調子がよくありませんでした。私の開発マシンにはADPTEC2940のSCSIカードが1枚刺さっていまして、これに内蔵の4GBのHDDと、外には7連装のCD-ROMドライブ、フィルムスキャナ、普通のスキャナが繋がっています。7連装CD−ROMは1台にたくさんCD−ROMを入れておける上に、値段もそれほど違わないということで結構便利な品物なんですが、Windows95では全部のCD−ROMトレイを検索してしまうので起動に時間がかかるのが難点です。起動時だけなら我慢するのですが、どーもSCSIデバイスのつながり具合が悪いのか、マザーボードとの相性が悪いのか原因は定かでないのですが、コンパイルをしていると内蔵のSCSI−HDDを頻繁にアクセスするためにSCSIカードがリセット信号をだして、これを拾ったCD−ROMがまた最初から7枚のCD−ROMを検索してしまうという厄介な現象が起きていました。

もう我慢できなくなって来たので、もう1枚SCSIカードを買って内蔵HDDとその他のデバイスを分けようと思い付きました。そうすればいくらHDDにアクセスにいっても1つしか繋がっていないわけなんですから、他のCD−ROMとかには影響でないはずです。でもまたADPTEC2940を買うのは惜しい。もしかしたら2枚同じ物を刺すと動きがおかしくなるかも知れないし、第一結構高い。なにか安いカードを買って それに外付けデバイスを繋ごう。 なにか安くてよいSCSIカードはないものか。こう思ってDOS/VパラダイスのホームページとかTWOTOPのとか回っているとTEKRAMというメーカのSCSIカードが安く出回っているのが目に付きました。『なんだろう、このTEKRAMって会社?』

早速Netscapeの検索エンジンに走ってTEKRAMを検索したら引っかかりました。そう、あれはふた昔ほど前にはやったEDIハードディスクのキャッシングカードを作っていたあのメーカです。DC-600とかいうカードが結構はやりましたよね。あまり役に立たなくなった1MBのSIMMメモリとかを使ういい道具でした。あのメーカならもしかして結構マシかも知れない。いろいろ調べていくうちにSCSI2カードには結構自信があるらしくて、ADPTEC2490と性能比較までしてありました。値段も1万円ぐらいですから2940の半値です。これで動けばもうけもの。早速横浜のDOS/Vパラダイスに買いに行きました。

買ってきて中を開けてマニュアルを読んで見るとWindows95では結構簡単に付きそうです。デバイスリストにはTEKRAMの製品は載っていませんが、刺して電源を入れてみるとAMDのSCSIコントローラと認識されて、なんの問題もなく動きはじめました。(NCRのチップでなくてよかった) BIOSのセッティングを見てみると2940よりも細かなパラメータ設定が可能なことも分かりました。これは結構よい製品かも知れない。全部このTEKRAMのカードに繋ぎ替えてデバイスの情報を拾ってみると、結構たくさんの情報を教えてくれます。なんと私が持っているHDD以外のSCSIデバイスは全部非同期転送しかできないものでした。それから細かなところでそれぞれサポート範囲が違います。そんな中でHDDだけはまともなSCSI2なのでこれらが混在して動作すること自体に問題があったのかも知れません。 このSCSIカードを刺して以来、マシンは随分安定して動くようになりました。もうコンパイルのたびにわずらわしい思いをしなくてすみます。唯一気になったのは、このTEKRAMのSCSIカードにSCSI-HDD(CONNERの4GB)を繋いで、ノートンユーティリティのスピードディスク(デフラグのプログラムです)を実行すると、セクタの書き込みに結構時間がかかるようです。これだけは納得いきませんでした。普通にコンパイルするために使っているときはぜんぜん問題ないような気がしたのですが。もしも皆さんもSCSIカードでお悩みでしたら、この安いTEKRAMを1つ買ってみるのもよい選択かも知れません。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る