ラジコンヘリコプターに挑戦

実は少し前から電動ラジコンヘリコプターを始めました。私の小学生時代のスーパーカーブームが去った後、中学生時代にちょうど電動ラジコンカーが流行った時代があったのですが、ラジコンをするのはそれ以来です。

土曜日の朝6時半ごろから、神奈川県では田宮模型がスポンサーのラジコンの番組が放送されています。ある夏の朝、ミーちゃんに起こされて散歩して部屋に戻ってテレビをつけるとすごい勢いでラジコンカーが走っているんですよ。私が中学生のころに見ていたのとはぜんぜんスピードが違う、コーナーをすごい勢いで曲がってもスピンしないし。シャーシはカーボン製とかになっているし、サスペンションも4輪についているし………私の時代はジュラルミン(アルミみたいな金属)のシャーシか よくてグラスファイバー、サスペンションがないので、シャーシのネジレがその代わりって程度でした。

うーん、すごいなぁ、10数年見ないうちにすごいことになっている。私もなにか始めたいなぁ、いまさら車は一緒に走る相手もいないし、一人で楽しめるのがいいな。ボチボチ考えていたら、電動のヘリコプターが思い浮かびあがりました。ヘリコプターは操作が難しい上に、部品が複雑で壊れる度にお金が結構かかります。とても中学生の経済力では遊べない分野。よしよし、ヘリコプター、それも電動の簡単なのにしよう。エンジンはかけるのが難しそうだし。

買ったのは京商(初めて買った電動カーも京商のでした)のEPコンセプトという電動ヘリです。遊ぶのに必要なものは一通り入っていて、難しそうな部分は既に組み立ててある半完成品のようなキットです。1日がかりで組み立てて、調整もして、さあ飛ばそう!と持ち出したはいいものの、ぜんぜん難しくて飛び上がれません。車は前進後進・右左の2チャンネルを操作すれば遊べますが、ヘリコプターは4チャンネルを操作します。車はヤバイとなれば止まればいいんですが、ヘリコプターは止まる訳にも行きません。空中に停止(ホバリング)している方が難しいくらいです。

電動ラジコンカーをやっていた頃は、市の小さな大会で優勝したことがあるので、スティックさばきにはちょっと自信があって、ヘリコプターも少し練習すれば飛ばせるだろうと思っていたのが大間違い。ちょっと浮けるようになるまでに2回大破させて、その度に壊れた部品を注文して・直して・調整しなおして、ということが続きました。

裸のヘリコプター充電器

最初は奇麗にボディも載せて練習していたんですが、墜落して修理しているうちにまた載せるのが厄介になって、このごろは裸で飛ばしています。それに電動なので、1回の充電で飛べるのが5分弱と短いため練習が思うように出来ません。しかたないので自動車のバッテリーと充電器と電池を買い足してたくさん練習できるようにしました。

こんな調子では少し飛べるまでにもう10回ほど壊して、その修理代だけでもう1セット買えるほどになってしまう。なにかいい方法はないものだろうか。そうだ!昔、秋葉原の模型屋さんで見かけたヘリコプターのシュミレータで練習しよう! で早速ホームページで模型屋さんを探して通販で買いました。

AEROチョッパーAEROチョッパーの画面

アエロチョッパーという製品で、ソフトと専用の送信機がついてきます。ソフトをコンピュータにインストールして送信機のケーブルをRS232Cにつければ完了。すぐに練習を始められます。ビックリしたことに、このソフトはフロッピ1枚にはいっていて、インストーラが付いていなく、中身を適当なディレクトリにコピーして使えという風でした。こんな製品は初めてです。でも内容はすごくリアルで、宅急便で届いた日は、夜中まで数百回墜落させて寝不足になりました。2日目ぐらいから徐々に安定して飛ばせるようになって、2週間毎日練習したあとの初めての実機では、何の苦労もなくホバリングできるまでに手が自然と動くようになりました。なかなか良い投資だったと思います。

さて、自由に空を飛び回れるのはいつになるでしょうか?

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る