ちっとも届かないVC++4.0

Windowsプログラムを書いている人なら、きっと最新のWindows95/NT開発環境の VisualC++ Version4.0を心待ちにしていたと思う。もう随分まえのことなのでいつ だったか忘れてしまったが、私ももちろんマイクロソフトからの優待アップグレー ドサービスをすぐにFAXで申し込んだ。そして、店頭にVC++のアップグレー ドでないパッケージが並んだのが1月の下旬頃だったとおもう。もちろん前から申し 込んである訳だから店頭に並ぶ頃には届くものと思っていた。

ところがいまだにぜんぜん届く気配がないのだが、マイクロソフトは行ったい何を しているんだろう? 巷のうわさでは、このアップグレードサービスで申し込んだ人 にはぜんぜん届いていないらしい。(どこぞのパソコン通信の会議室では『そんな に早くほしいなら英語版でも買って開発しろ』とマイクロソフトの社員が言ったと か言わないとか)うーん、そう言えば最近マイクロソフトはお客を馬鹿にすること がおおい。Windows95のアップグレードだって、11月23日の届かないのに、その辺の 書店で売っているパッケージより値段が高かったし(来るのがおそかったから、待 つのも馬鹿らしいので書店で買おうかと本気で思った)WindowsNTも発売日より遅れ てとどくし、継続の契約したMSDNはちっとも届かないし。

ちっとはボーランドやロータスを見習ったらどうだろう。ボーランドなんてBC++を 買ってくれと何回も申込用紙を送ってきてくれるし、ロータスだって発売日に遅れ ずに送ってきてくれる。この商売熱心な姿勢がマイクロソフトにあればなぁ、とつ くづく最近感じるのだが、皆さんはどうですか? やっぱりマイクロソフトだけ太ら せてはだめですねぇ。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る