ちっとも届かないGateway2000 その3


もう1ヶ月半が経過したので、そろそろ結論を出さねばなるまいと思いGateway2000に電話したのだが、案の定、いまだにいつ入荷するかまったく検討がつかないという。どうせそんなことだろうと思ってアメリカのMic ronとFAXとメールでやり取りしてみたが、PentiumPro200は出荷するまで6週間かかるという、180なら2週間出せるというのだが、別に180MHzにしてまで欲しいとは思っていないので、注文は出さないことにした。

それにしても、Gatewayから聞いた話では、IntelがCPU付きマザーボードを納品してくれないのだという(CPUだけ買っている訳ではなくてマザーボードごと買ってきて組み立てるらしい) Micronが6週 間かかるといったのはその辺が影響しているようだが、ほかのメーカはどうなっているのだろう。

そうこうしているうちに値段が下がってきて、おまけに最近メモリが値下がり傾向にあるので、1月中に注文した内容の価値はドンドン下がっているのは間違いない。今後は128MBメモリや周辺機器についても選択で きるように検討しているというので、要するにいまは買いどきでないらしい。だからもう1ヶ月もすると入ってくるかもしれないと思いながらもキャンセルすることにした。

ところが、けちなGatewayは銀行振込にかかったお金はもちろん返さないというし、売るときに3週間で納品できると言っておきながら約束したわけではないから責任はないと言い張るし。うーん、そんなこと言うようでは 信用まるつぶれだと思うんだがねぇ。セールスの言葉は約束したわけではないから信用してはいけないそうだ。これはセールス部門のトップから直接電話で聞いたことなんで、みなさんもGatewayに注文することがあったら、 絶対にセールスを信用しませんように(^^;) 忘れたころにマシンが届くと思ってのんびりまってあげましょう。

さて、今回の経験でWWWが結構役に立ったと思う。昔ならアメリカMicronから製品を買おうとしたなら、まずPC Magazineなどの外国雑誌で値段を調べて、FAXで買いたいから内容を送ってくれとか 、支払いはどうするとか、結構めんどくさくて時間がかかったが、いまは簡単だ。WWWでMicronとかDELLとかにいって簡単に値段や詳しい構成を手に入れることができるし、『このDISKはどんな性能だぁ? 』と思えばその会社のWWWに飛んでいけばよい。見積もりをとるときはWWWで仕入れたマシン構成をそのままコピーして『買いたいから見積もってくれ』とFAXすればすぐに返事がくる。セールスはInternet メールアドレスを持っているので、そのあとはメールでやり取りすれば国際電話代もかからない。

最近注目しているPCはGateway2000のG6−200、M icronのPro 200 Magnum Plus (C)、 DELLのDimensionTM XPS Pro200、HPのHP Vectra XU Pentium(R) Pro PCなんだが、たとえ買わなくても『こんなマシンがほしいなぁ』とWWWを歩き回るのは楽しいし、日本の広告では得られない詳しい情報や、内外価格差なんかも手に 入って今後の役に立つと思う。


『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る