ちっとも届かないGateway2000

実は、また1年ぶりに新しいPCを買った。最近のインテルのCPU開発速度はアッ プテンポで、1年前のハイエンドマシンがすぐにエントリーマシンになってしまう。 去年の暮れにはMicronのP5−90を買ったのだが、これでもあの当時は最 高性能で、もう少し待つとと年明けにPentium100MHzが手に入るという状態だった。 その後、120、133MHzと出て、90MHzは去年末あたりからエントリモデルにも採用され るようになってしまった。

そろそろ、新しいPCの買い時かと思っていたところ、PentiumPro150、180、200MHz が発表されて(133MHzも出たけど性能が悪いといって市場に出回る前に消えてしま いましたねぇ)『16Bitコードの実行効率が悪いとは言われるが、動作周波数が一番 高いものは一番速いだろう』という持論で、丁度Gateway2000から発表になったG6- 200というPCを注文したのであった。注文当時は3週間で来るという約束だったが1 ヶ月経てども来ない。セールスに聞いたら、組立工場を東京からシンガポール?に 移したので入荷してないという。うーん、3週間で入荷すると言ったから注文したの に、そんなんだったら直接アメリカのMicronに注文した方が安くて早く手に入った かもね。今日、Gateway2000から出荷が遅れていますという手紙が牛マークのボール ペンと一緒に来たが、理由は主要部品がメーカから納入されないとかなんとか。ど れが本当の理由かは知らないけど、遅れるなら売る前に言ってよね。アメリカから 定期購読しているPC Magazineによれば、PentiumProではHPとDELLが調子がいいらし い。まだGateway2000のはテストされてないけど、どんな結果になることやら。

『最近あった話題』に戻る

『ホームページ』に戻る